当サイトでは、記事内に広告を掲載している場合があります。 誇大な宣伝や表現とならないよう配慮し、価値あるサービスだけを紹介、有益なコンテンツを制作するよう心がけておりますのでご安心ください。

54歳からの転職は厳しい?成功させるポイントを解説【体験談アリ】

40代・50代の転職
54歳男性
54歳男性

54歳からの転職って難しいのかな…

54歳女性
54歳女性

54歳の転職を成功させるにはどうすれば良いんだろう…

と悩んでいませんか?

54歳からの転職を成功させる難易度は高く、苦労している人は非常に多いです。

ですので、54歳の転職市場を正しく理解し、入念に準備して転職活動に臨むことが大切です。

この記事では「54歳のリアルな転職事情と成功させるポイント」について徹底解説しますので、ぜひ最後まで読んで実践してみてください。

54歳の転職事情の現実

まず54歳の転職事情についてご紹介します。

転職市場の動向を正しく理解した上で、転職活動に取り組んでいきましょう。

54歳を特に採用したい企業は0.5%程度

444社の人事担当者が回答したアンケート調査によると、特に採用したい年齢は20代〜30代であり、「50代を特に採用したい」と回答した人はわずか0.5%と少ないことが分かります。

40代を特に採用したい企業は2.3%であり、50代は更にニーズが少なくなっているため、転職市場は厳しいことを理解しておきましょう。

引用)人事担当者アンケート

また、「採用対象となる年齢」について質問したアンケート項目では、「50代も採用対象である」と回答した人事担当者は16%いることが分かりました。

引用)人事担当者アンケート

上記の2つのアンケート結果から「54歳を積極的に採用したい企業はほとんどないが、16%程度の企業は54歳を採用対象としている」ということが分かります。

54歳で転職した人の割合は5.3%程度

厚生労働省職業安定局の資料によると、50〜54歳で転職する人の割合は、50〜54歳の5.3%となっており他の年代に比べて少ないことが分かります。

引用)厚生労働省職業安定局 中途採用に係る現状等について

転職する人の割合は20代の半分以下となっており、50代前半は転職する人の割合が少ない年齢であると言えそうです。

54歳で転職した人の40%は「経験・能力が活かせるポジションへの転職」が目的

ミドル1800人に聞いた「転職のきっかけ」意識調査によると、50代が転職で実現したいことの第1位が「経験・能力が活かせるポジションへの転職」で40%、「給与・待遇のアップ」が次いで34%となりました。

50代の方は、40代と同じく「給与・待遇のアップ」を重要視しているものの、これまでの経験・能力を活かして転職したいと考える人が多いことが分かります。

引用)ミドル1800人に聞いた「転職のきっかけ」意識調査

54歳で転職した人の54%は年収が下がっている

「転職後の年収」調査(2023年版)によると、50〜54歳の54%の人が「転職後に年収が下がった」と回答し、「年収が上がった」と回答した人はわずか12%となりました。

また、50代後半になると年収が上がる人の割合が2%とさらに少なくなっており、ほとんどの人が年収を下げて転職することになります。

54歳の人はあと1年以内に55歳になるため、年収をアップ・維持するためには出来るだけ早く転職活動を始めるべきと言えます。

また、年齢を重ねるほど転職が難しくなりますので、54歳の人から転職する場合は出来るだけ早く行動すべきです。

引用)「転職後の年収」調査(2023年版)

54歳の未経験転職は難しい

人事担当者が54歳の転職者に対して期待しているのは「即戦力」です。

入社してすぐに活躍してもらえる人材を採用したいので、未経験分野から転職してくる54歳を採用する可能性は残念ながら低いです。

人事担当者の目線で考えてみると、未経験の54歳の人材を採用するなら、成長するポテンシャルが高い20代の人を採用する方が良いですよね。

また、業種よりも職種を変える転職の方が難易度が高く、転職できたとしても年収・待遇が大幅にダウンする可能性もあるため、注意が必要です。

経理・法務など特定の分野における強みがある場合、職種はそのままに業種を変える転職が実現できる可能性は十分にあるでしょう。

平均年収が高い業種・成長産業に転職することで、年収アップも十分に狙うことができます。

54歳男性
54歳男性

製造業は勿論、コンサルやIT系も含め100社以上は応募させて頂きました。業界不問との記載があっても、ミドルやシニアは相当な専門知識を有すること、即戦力としての活躍が求められる事から、経験者が優先されてしまうのが現実の様です。従って異業種においては書類選考を通過する事すら困難でした。

54歳から正社員になれる人は18.8%

厚生労働省職業安定局の資料によると、非正規雇用の45~54歳の人の内、過去5年で正社員になった人の割合は18.8%であることが分かります。

55~64歳で正社員になった人の割合は11.6%と減少していますので、正社員を目指している54歳の人は早めに転職活動をすることをおすすめします。

引用)厚生労働省職業安定局 中途採用に係る現状等について

54歳の転職に成功しやすい人の共通点

54歳の転職で成功しやすい人の共通点について解説します。

共通点に当てはまる人は企業から評価される可能性があります。

当てはまらない人は、転職活動の準備をより入念にやる必要がありますので、次で紹介する「54歳の転職を成功させるポイント」を参考にして行動を起こしてみてください。

マネジメント経験がある人

54歳で転職に成功しやすい人の特徴の1つ目は「マネジメント経験」です。

54歳になると、プレイヤーとして活躍することはもちろん、チームやプロジェクトを率いるマネジメントの役割が期待されることが多いです。

ですので、何人のメンバーをマネジメントしたのか、どのようなマネジメントをやっていたのか、チームでどんな成果を上げたのかを適切にアピールできると良いですね。

また、メンバーをマネジメントした経験が少ない場合は、自分が主導したプロジェクトにおいてどんな成果を上げたのか、メンバーとどのような関わり方をしたのかをアピールしましょう。

定量的な成果はもちろん、自分自身の強みを言語化できるかどうかが大切です。

特定分野におけるスペシャリスト

マネジメント経験だけでなく、特定分野において経験・スキルが豊富なスペシャリストも高く評価されることが多いです。

54歳男性
54歳男性

50代も半ばになり、年齢的に転職は厳しいと認識はしておりましたが、長年の実務経験を評価して必要としている会社は存在するということも分かりました。今までの培ってきた経験を軸に、それを生かせる会社であればチャンスは十分にあると思います。

高度な技術や知識を活用し、プレイヤーとして企業の成長に貢献してもらえそうという期待感を持ってもらうことができるでしょう。

特にテクノロジー・財務・会計・法務の分野のスペシャリストは貴重であり、50代で経験豊富なスペシャリストを採用したい企業は数多くあります。

年下のメンバーと馴染んで協働することができる人

さまざまな年齢の人のチームで働く能力は、54歳から転職する上で非常に大切になってきます。

20代・30代の人が年上の人に話しかけるのは遠慮しがちですので、主体的に会話をして周囲の人と円滑なコミュニケーションを取れる人は、採用する決め手の1つになる可能性があります。

豊富な経験を活かしながらも、年下のメンバーの新鮮な視点やアイデアを尊重する柔軟性を持つことも重要ですので、日々チームマネジメントをする際に意識することをおすすめします。

54歳の転職を成功させるポイント

54歳からの転職を成功させるポイントをいくつかご紹介します。

それぞれ実践していくことで転職成功の確率が高まりますので、ぜひやってみてくださいね。

キャリアコーチングを利用しよう

先ほどご紹介した通り、54歳が転職を成功させる難易度は高く、人によっては転職が成功するまで時間がかかってしまうこともあります。

難易度の高い54歳の転職を成功させるためにも、キャリアコーチングを利用し、転職のプロのサポートを受けることをおすすめします。

キャリアコーチングとは、専門のコーチが一対一でサポートを行い、自己分析を通して自分自身の強みや価値観を明確にし、理想のキャリアプランを設計するためのサービスです。

コーチは、受講者の過去の経験やスキル、将来の目標をじっくりと聞き、今後のキャリアプラン設計や転職活動まで伴走してサポートします。

転職エージェントと異なり個人から料金をいただくため、100%個人を向いて価値提供できるサービスとなっています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: キャリアコーチングのビジネスモデル-1024x538.png

54歳で転職活動をする場合、50代の最高の転職を実現するライフシフトラボを使うのがおすすめです。

ライフシフトラボ(転職コース)は、50代の最高の転職を実現するキャリアコーチングサービスです。

経済産業省の補助金制度を利用できますので、最大70%OFFと非常に安い料金で利用することが可能です。

ライフシフトラボを利用すると、専属トレーナーがあなたの本当の市場価値を見出し、転職が成功するまで個別伴走してくれるのでオススメです。

また、トレーナーは全員同世代の人ですので、同世代だからこそ共感してもらえる悩みを相談できるのもメリットですね。

難易度の高い転職を成功させた方も多く、50代の転職に強い数少ないキャリアコーチングですので、無料の個別相談会に参加してみることをオススメします。

コース別内容転職コース
料金月額9,800円〜
回数全8回
チャット相談
オンデマンド講座
全額返金制度

ライフシフトラボ(転職コース)公式サイト:
https://lifeshiftlab.jp/tenshoku

自分の強みを言語化する

54歳での転職は、企業側にあなたが即戦力で活躍できることをアピールすることが重要になってきます。

そのためにも、あなたの過去の経験を洗い出し、アピールできる強みを明確にしていく必要があります。

しっかりと時間を確保して、キャリアの棚卸しをすることをおすすめします。

「自分の強みがよく分からない」という人は、ライフシフトラボのような転職支援サービスを利用し、プロに転職活動をサポートしてもらうのが良いですね!

強みを活かせる企業・ポジションに転職する

自己分析を通じて自分の強みが明確になったら、その強みを活かして活躍できそうな企業・ポジションの求人に応募することも重要です。

あなたの強みがない分野の求人に応募しても内定をもらえる確率は低いため、自分に合った求人の見極めも非常に重要となります。

先ほどもお伝えした通り、54歳の転職では即戦力で活躍できると評価してもらえることが大事なので、まずは自分の強みを整理するところから始めてみてください。

職務経歴書・面接対策を入念にやる

「50代を積極的に採用したい企業は0.5%だけ」という調査結果から分かる通り、54歳の採用に興味がある人事担当者は少なく、だからこそ書類選考・面接を通じてあなたが魅力的な人物であることをアピールする必要があります。

54歳で転職した人の体験談を見てみると、書類選考で苦労した人も多いことが分かります。

54歳男性
54歳男性

選考は当然難航するため、書類選考に通過しない場合は、直接応募を自力で行い職務経歴書のブラッシュアップすることををおすすめします。経験が長くなると枚数が多くなりますが、実際には年齢でカットされるので、読まれないケースがほとんどだと思います。

書類選考に通過しないと面接すらしてもらえないため、職務経歴書を作り込むことは非常に大切です。

また、面接で苦労した人も多いため、1人での転職活動に不安がある方は転職のプロに気軽に相談してみることをおすすめします。

50代におすすめのキャリア相談先

1.ライフシフトラボ【転職コース】
公式サイト:https://lifeshiftlab.jp/

50代の最高の転職を実現。転職が成功するまでトレーナーが個別伴走してくれます。今なら最大70%OFFの割引あり。初回無料の相談会を実施中!

2.ライフシフトラボ【複業コース】
公式サイト:https://lifeshiftlab.jp/

50代向けの複業スクール!複業で月10万円稼げるまでトレーナーが個別伴走してくれます。無料の個別説明会を実施中!

50社以上に同時に応募する

54歳での転職活動では、多くの企業に応募することも戦略の1つです。

100社応募しても3社程度しか書類選考に通過しない人もいますので、出来るだけ多くの企業に応募して選択肢を広げておくのが良いです。

54歳男性
54歳男性

応募の数をこなさないと年齢的に書類通過が難しい旨は聞いていたものの、内心期待していた企業も書類選考落ちしたのは堪えました。いざ、面接となっても事前に思い描いてた面接イメージと実際の面接では思ったような受け答えが出来ず。企業研究や面接準備の工夫は必要と感じました。

54歳男性
54歳男性

最終的に活動期間としては半年、応募社数は100社を越えました。転職活動を進める中で業界は絞らず規模もあまり気にせずに、先ずはお役に立てそうな職務内容を軸にして活動を進めました。書類選考を通過する職務経歴書の書き方をアドバイスいただき、40回程の書き直しをしました。

54歳男性
54歳男性

結果的に8ヶ月で60社応募して、書類選考通過は6社のみでした。これまでの経験に合わせた企業・職種を選定しましたが、大半の見送り理由は年齢と推測しています。

また、面接の機会が増えることで面接に慣れることができますし、第一志望の企業と面接するための練習の機会にもなりますよね。

ただし、多くの企業に応募する際は、それぞれの企業に対してきちんと研究をした上で面接に臨むようにしてください。

54歳の転職で失敗しやすい人の特徴

54歳の転職で失敗しやすい人の特徴をいくつかご紹介します。

当てはまってしまっている人は、ぜひ行動を起こしてみてください。

プロのサポートを受けず転職活動を進めている人

転職支援のプロのサポートを受けず、一人だけで転職活動を進めた結果、上手くいかない人は非常に多いです。

54歳の転職は難易度が高いため、キャリア・転職に関する正しい知識を持った上で、転職活動を正しいプロセスで進めていく必要があります。

自分ひとりで転職活動を進めようとしている人は、ぜひキャリアコーチングを利用してみてください。

ライフシフトラボは無料の個別相談会もありますので、ぜひ登録してみてほしいです。

自分の強みを言語化せず書類選考・面接を受ける人

54歳での転職で失敗しやすいのは、自分の強みを明確に言語化できていない人です。

自分の強みを理解できていないと、自分自身の経験やスキルを十分にアピールできず、お見送りされるケースが多くなってしまうでしょう。

ですので、自分自身のキャリアの棚卸しをして、強みを明確にすることから始めましょう。

また、面接においても自分の強みを理解してもらうことが重要ですので、過去の経験を整理しておくと面接の場で話しやすくなります。

54歳男性
54歳男性

54歳という年齢かつ多忙な現業を抱えての転職活動であったが、想定されるような質問(自己紹介、強み、弱み、転職理由等々)に対して、あらかじめ何度も推敲を重ね、自身の考えを簡潔明瞭に答えられるよう、何度もシュミレーションを行い完璧を期すようにした。

54歳男性
54歳男性

年齢的に転職が厳しいと思い、これまでの職歴や転職理由を振り返り、何が得意で何が苦手なのかを確認することから始めてみました。その後、履歴書や職務経歴書の書き方のアドバイスをもらいながら、自分の転職したい会社の希望軸をあげて、それに合った会社を探し、応募してみました。書類選考で落とされることがほとんどでしたが、腐らずに前向きに転職活動していたところ、おかげ様で内定を頂くことが出来ました。

自分の強みを活かせない業界・職種に応募している人

54歳での転職では、これまでの経験を活かせる場所を選ぶことが成功の鍵となります。

自分の強みが明確になったとしても、そのスキル・経験を活かせる企業・ポジションを選ばないと、書類選考で見落とされる可能性が高まります。

自分の経験・スキルを明確にした上で、それを活かすことができそうな企業をピックアップして応募するようにしましょう。

54歳男性
54歳男性

コロナでなかなか求人が無い中で、自分が今まで経験してきたことの棚卸を行い、自分の強みを生かせる職種のみに応募しました。企業様と自分のニーズがマッチしなければ採用になりませんので、自分の強みがなんであるか、企業様のニーズがなんであるかをよく考えて応募先を選定するようにしました。

時間を十分に確保できていない人

これまで紹介してきたように、54歳の転職を成功させるためには、時間をかけてあらゆる準備をする必要があります。

自己分析・職務経歴書の作成・面接対策・企業選定など、やるべきことは様々ありますよね。

ですが、54歳で転職活動を始めたものの、十分な時間を確保できずに苦労する人が実は多いのです。

54歳男性
54歳男性

幸いにも活動開始から二ヶ月程度で内定を決めましたが、苦労した部分としては面接時間の確保でした。まだ有給休暇も取得できなかったので折角の良いお話も平日昼しか面接を対応していただず見送ったケースもありました。

家庭や仕事の状況にもよりますが、可能な限り転職活動に使う時間を増やせるよう努力しましょう。

54歳から転職しない方が良い可能性があるケース

54歳からの転職を成功させるポイントについて解説しましたが、人によっては転職しない方が良いケースもあります。

転職すれば必ず幸せになれるとは限りませんので、自分自身が転職すべきか一度考えてみましょう。

ホワイト企業で働いている人

54歳でホワイト企業に勤めている場合、転職を考える前に現状の職場環境を客観的に評価してみましょう。

長く在籍していると当たり前の職場環境になっているかもしれませんが、転職してから「前の会社はホワイト企業だったんだ…」と気づくのでは遅いです。

特にパートナー・子供がいる人にとって、50代を安定した環境で働くことができるホワイト企業に在籍することは価値のあることなのです。

転職によってリスクを冒すよりも、現在の職場での成長と機会を最大限に活用することが良い選択肢である可能性もありますので、改めて考えてみると良いでしょう。

年功序列の大企業で働いている人

年功序列のシステムでは、勤続年数がキャリアアップ・年収アップに直接的に影響するため、長年勤めた企業を離れることは大きなリスクを伴います。

特に現在の企業で長く働いており、役職・給与・福利厚生が充実している場合、これらを失う可能性を考慮する必要があります。

新しい職場では、これまでの経験や年齢が必ずしも評価されるとは限らず、ゼロからのスタートになることも考えられます。

また、年功序列の企業では一般的に安定性が高く、退職後の年金や退職金などの福利厚生が保証されていることが多いため、これらを放棄することは将来の生活に大きな影響を与える可能性があります。

加えて、転職することで今のままなら受け取ることができるはずの退職金を貰えなくなったり、貰えるとしても金額が下がってしまう可能性が高いです。

したがって、転職によって得られるメリットとリスクを慎重に比較し、65歳の定年を見据えて最善の選択肢を見つけることが大切です。

公務員として働いている人

公務員の給料・福利厚生は比較的安定しており、50代の安定した生活を送りたい人にとっては良い選択肢と言えます。

また、公務員の人が54歳から転職する場合、即戦力と評価してもらうことは難しく、転職できる可能性はかなり低いでしょう。

加えて、公務員の場合も転職することで今のままなら受け取ることができるはずの退職金を貰えなくなったり、貰えるとしても金額が下がってしまう可能性が高いです。

54歳の方は65歳の定年まで約10年働けば退職金をもらえるはずですし、転職できたとしても給与等の条件が著しく悪くなる可能性があるため、実際に転職するか否かは熟考することをおすすめします。

54歳の転職で利用すべきおすすめ転職サービス

54歳からの転職は難易度が高いため、プロのサポートを受けながら転職活動を進めるのがおすすめです。

以下でご紹介するキャリアコーチングを利用することで、数多く50代の転職活動を支援してきたプロのサポートを受けることが可能です。

無料の個別相談会をやっていますので、ぜひ気軽に相談してみてくださいね!

ライフシフトラボ|最高の転職を実現したい50代向け。料金最大70%OFF

ライフシフトラボ(転職コース)は、50代の最高の転職を実現するキャリアコーチングサービスです。

経済産業省の補助金制度を利用できますので、最大70%OFFと非常に安い料金で利用することが可能です。

ライフシフトラボを利用すると、専属トレーナーがあなたの本当の市場価値を見出し、転職が成功するまで個別伴走してくれるのでオススメです。

また、トレーナーは全員同世代の人ですので、同世代だからこそ共感してもらえる悩みを相談できるのもメリットですね。

難易度の高い転職を成功させた方も多く、50代の転職に強い数少ないキャリアコーチングですので、無料の個別相談会に参加してみることをオススメします。

コース別内容転職コース
料金月額9,800円〜
回数全8回
チャット相談
オンデマンド講座
全額返金制度

ライフシフトラボ(転職コース)公式サイト:
https://lifeshiftlab.jp/tenshoku

ライフシフトラボ|50代で複業収入10万円を実現するスクール

ライフシフトラボ(複業コース)は、40代・50代の複業を成功に導くキャリアコーチングサービスです。

複業で月10万円稼ぐことを目標にするため、実現できれば3ヶ月で費用を回収でき、利用するリスクは小さいのが特徴です。

副業の立ち上げに精通するトレーナーがあなたの強みの言語化し、複業をスタートして稼ぐまでの具体的なアクション設計〜実行をマンツーマンで伴走してくれる短期集中型のプログラムになっています。

あなたに専属のトレーナーが付き、複業デビューまで個別伴走してくれるのが特徴です。

卒業生の実績を見ても、プログラム終了後の副業デビュー率は95%と非常に高いです。

ローリスクで利用するメリットが大きいサービスであり、複業・副業について具体的なアドバイスがもらえる個別の無料説明会を開催しているので、ぜひ参加してみてください。

コース別内容通常プラン
料金14,800円(月額)
期間2ヶ月
回数全8回
チャット相談
オンデマンド講座
返金制度

ライフシフトラボ(複業コース)公式サイト:
https://lifeshiftlab.jp/

54歳からの転職を成功させる正しいステップ

54歳からの転職活動を成功させるための正しい流れをご紹介します。

現在の悩みを解決するために転職が必要なのか検討する

あなたが抱えている仕事の悩みが転職によって本当に解決できるのかを深く考えることが必要です。

例えば、人間関係の問題や業務の内容に関する不満など、その原因はあなたが所属する会社が原因で解決不可能なものなのか、あなたの取り組みや努力次第では改善できる可能性があるかを見極めることが大切です。

転職をしても同じ問題に直面する可能性がある場合、転職したとしても一時的な解決策に過ぎないかもしれません。

自分自身の価値観や求める環境を明確にし、それに基づいて転職が適切かどうかを判断することが重要です。

悩みを解決するために今の会社で出来るアクションをやりきる

転職を考える前に、現在の会社で自分が取れるアクションを最後までやりきることが大切です。

例えば、業務の内容に不満がある場合、上司や同僚とのコミュニケーションを取り、改善の提案をするなどのアクションを考えることができます。

また、人間関係の問題がある場合、相手との対話を試みる、または人事部門に相談するなどの方法が考えられます。

どんな会社で働くとしても悩みが全くないというケースは少ないでしょう。

ですので、悩んだ時に自分の努力で解決する力を身につけることも一定は大切なのです。

中途採用の面接においても「悩みを解消するために何をしましたか?」と質問されることも多いため、今の環境で出来ることはやりきった方が良いですね。

中長期的なライフプラン・キャリアプランを設計する

50代は仕事だけでなく、中長期的なライフプランをしっかりと設計することが大切です。

どのような生活を望むのか、将来的にどのようなキャリアを築きたいのかを明確にすることで、現在の仕事がそのプランに合致しているのかを判断する材料となります。

また、ライフプランとキャリアプランを合わせて考えることで、仕事とプライベートのバランスを取るための方向性も具体的に見えてきます。

キャリアの棚卸しをする

これまでのキャリアを振り返り、自分の強みや得意分野、これからのキャリアで挑戦したいことを明確にすることが大切です。

また、キャリアの棚卸しをすることで、現在の仕事が自分のキャリアの中でどのような位置づけになっているのか、今後の方向性を考える上での参考となります。

仕事を辞める前に、自分のキャリアを深く理解し、将来のビジョンを明確にすることが、後悔のない選択をするための鍵となります。

ライフプラン・キャリアプランを実現できる求人を選定する

キャリアの棚卸しを行った後は、自分のライフプランやキャリアプランを実現できる求人を選定することが次のステップとなります。

具体的には、勤務地、勤務時間、給与、福利厚生、キャリアアップの可能性など、多岐にわたる要素を考慮しながら、自分の価値観やキャリアの方向性に合った求人を選ぶことが重要です。

また、自分の強みを発揮できる企業・ポジションを見極めることも重要なポイントです。

選考対策をして内定を獲得する

求人を選定した後は、選考対策をしっかりと行い、内定を獲得することが次のステップとなります。

まず、履歴書や職務経歴書を丁寧に作成し、自身の経験やスキルをアピールポイントとして明確に伝えることが大切です。

50代は過去の経験・スキルをアピールし、すぐ活躍してもらえる即戦力の人材だと思ってもらうことが重要です。

ですので、過去のキャリアの棚卸しを行い、強みを言語化しておきましょう。

また、面接対策としては、自己PRの準備や、志望動機の明確化、業界や企業のリサーチなどを行うことで、面接官に自分の適性や意欲を伝えることができます。

退職交渉を進める

内定を獲得した後のステップとして、現職での退職交渉が待っています。

まず、上司や人事部門に退職の意向を伝える際には、感謝の気持ちを忘れず、これまでの感謝を伝えることが大切です。

また、最終出社日に余裕を持つことで引き継ぎを十分行うことができますし、円滑な退職交渉が進められる可能性が高まります。

退職日の設定や引き継ぎのスケジュールなど、具体的な手続きについても早めに話し合い、退職する日まで丁寧に対応するようにしましょう。

54歳の転職体験談まとめ

54歳で転職を成功させた人の体験談をまとめました。

54歳男性
54歳男性

年齢と転職回数の多さがネックとなり書類選考で落選となることもありましたが、面接にたどりつけた企業については、転職回数の多さも理解いただけるよう努めました。また、面接前には今までの業務経験を棚卸して、企業が求めている人材に一致している点などを再確認して面接に挑むようにしました。その結果、今までの経験や業務に対する姿勢などから、経験のない上場企業から内定をいただくことができました。

54歳女性
54歳女性

20代~40代に比べて50代の転職活動は正直厳しいのが現実です。私の場合は経済的な条件よりも「企業理念と自分の志向が一致しているか」という視点を重視していたため、幸いにも比較的早期に転職することができました。

54歳男性
54歳男性

選考は当然難航するため、書類選考に通過しない場合は、直接応募を自力で行い職務経歴書のブラッシュアップすることををおすすめします。経験が長くなると枚数が多くなりますが、実際には年齢でカットされるので、読まれないケースがほとんどだと思います。

54歳女性
54歳女性

私は転職回数が多い分、転職慣れもしていますが、やはり年齢が上がると転職の門は狭くなります。それでも無駄な時間をかけず無駄な応募を避けるために、まずは自分が転職をする際に譲れない条件の棚卸をしました。次にResumeの更新です。ここまで来たらあとは企業への応募ですが、定年が60歳の企業は最初から外しました。

54歳男性
54歳男性

最終的に活動期間としては半年、応募社数は100社を越えました。転職活動を進める中で業界は絞らず規模もあまり気にせずに、先ずはお役に立てそうな職務内容を軸にして活動を進めました。書類選考を通過する職務経歴書の書き方をアドバイスいただき、40回程の書き直しをしました。

54歳女性
54歳女性

応募先への熱い思いが、最終的にはこれまでの面接での失敗をも克服しようとする力に繋がったと思います。「ここで働きたい!」と思えることがとても大事で、そのためには自分が何を大事にしているのか、という自分の価値観を問い直して、それを大切にして、妥協しないことが大事だと思いました。

54歳男性
54歳男性

結果的に8ヶ月で60社応募して、書類選考通過は6社のみでした。これまでの経験に合わせた企業・職種を選定しましたが、大半の見送り理由は年齢と推測しています。

54歳男性
54歳男性

50代も半ばになり、年齢的に転職は厳しいと認識はしておりましたが、長年の実務経験を評価して必要としている会社は存在するということも分かりました。今までの培ってきた経験を軸に、それを生かせる会社であればチャンスは十分にあると思います。

54歳男性
54歳男性

苦労したのはやはり年齢と転職回数の多さ、そして経験した業務の内容があまり魅力的でなかったことです。その業務をどう改善して上手くアピールするか。また面接に持ち込んだ場合に、アピールよりも面接担当者さんの訊きたい質問を的確に理解し速やかに正しい返事をすることを心がけました。全く未経験の分野には正直に「それは未経験で分からないです」と答えました。
そのことで不合格になった企業もあったかもしれませんが、虚偽の返事をして苦しみたくありません。正直ベースこそが正義です。

54歳男性
54歳男性

年齢として50代半ばであること、総務系の経験としては2年4か月しかないこと、さらに会社が事業会社ではないこと等、求人会社の求める人材とマッチする機会がとても少なかったため、マッチする求人が出てくるのを待つのではなく、転職会社サイトに希望求人を登録し、日々送付されてくる求人情報の中から、総務系の募集のなか年収面を含めて、チャレンジしたいと思った求人に応募し続けたました。

54歳男性
54歳男性

これまでにも転職経験があったので履歴書や職務経歴書は一から創る必要はありませんでしたが、書類選考で通らないとことで焦りが出てきました。そこで職務経歴書を作り直し、応募企業の規模に拘りを捨て応募条件を再考したところ、少しづつ書類選考が通ることが増えてきました。

54歳男性
54歳男性

製造業は勿論、コンサルやIT系も含め100社以上は応募させて頂きました。
業界不問との記載があっても、ミドルやシニアは相当な専門知識を有すること、即戦力としての活躍が求められる事から、経験者が優先されてしまうのが現実の様です。

54歳男性
54歳男性

54歳という年齢かつ多忙な現業を抱えての転職活動であったが、想定されるような質問(自己紹介、強み、弱み、転職理由等々)に対して、あらかじめ何度も推敲を重ね、自身の考えを簡潔明瞭に答えられるよう、何度もシュミレーションを行い完璧を期すようにした。

54歳男性
54歳男性

私自身も背伸びしてアンマッチな就職をしたくないという思い(もう転職は必要がないという考え)がありましたので、未経験の部分は未経験と選考の中ではっきりお伝えすることを心掛けました。幸い、未上場ながら管理体制強化に前向きに取り組んでいらっしゃる魅力を感じる企業様から、入社後に期待する役割等が私のキャリアで満たせるとの評価を頂き、内定を頂くことができました。

54歳男性
54歳男性

転職活動を開始しましたが、54歳という年齢がネックとなり、求人企業に応募しても書類選考で落とされることが続き、面接に進める企業は少なく、転職活動期間7ヶ月で応募企業は80社を超え、面接に進めた企業は10社に1社くらいでした。それでも私の経験に合った仕事内容の求人スカウトはいくつか頂き、今回採用して頂いた企業も人材紹介会社からのスカウトから採用が決定しました。

54歳男性
54歳男性

年齢的に転職が厳しいと思い、これまでの職歴や転職理由を振り返り、何が得意で何が苦手なのかを確認することから始めてみました。その後、履歴書や職務経歴書の書き方のアドバイスをもらいながら、自分の転職したい会社の希望軸をあげて、それに合った会社を探し、応募してみました。書類選考で落とされることがほとんどでしたが、腐らずに前向きに転職活動していたところ、おかげ様で内定を頂くことが出来ました。

54歳男性
54歳男性

転職回数が多くどうだろうと不安はありました。年齢も50代半ばであり苦労を覚悟での転職活動でした。IT業界で開発・営業・経理・総務の経験がありました。ただのバックオフィス、総務職の管理職を遂行する能力だけではなく、ITは現在業務と直結していることからDX推進にも自分が役立つのではないか考え、ITに強いことをアピールしました。1つの業務経験より複数こなすことができる、特に管理職希望の場合はプレーイングマネジャーとしても実務もこなすことをアピールすることが成功につながると思いました。

54歳男性
54歳男性

職務経歴書作成に力を入れ、転職サイトからの書き方等を参考にし何度も何度も修正し分かり易くなるように作成を行った。職務経歴書も直近の職種に力を入れて作成しがちですが、全ての職種を丁寧に記載する必要があることも感じた。

54歳男性
54歳男性

幸いにも活動開始から二ヶ月程度で内定を決めましたが、苦労した部分としては面接時間の確保でした。まだ有給休暇も取得できなかったので折角の良いお話も平日昼しか面接を対応していただず見送ったケースもありました。

54歳男性
54歳男性

コロナでなかなか求人が無い中で、自分が今まで経験してきたことの棚卸を行い、自分の強みを生かせる職種のみに応募しました。企業様と自分のニーズがマッチしなければ採用になりませんので、自分の強みがなんであるか、企業様のニーズがなんであるかをよく考えて応募先を選定するようにしました。

54歳男性
54歳男性

会社によって文化や考え方が違い、会社によって話がなかなかかみ合わなかったりして、見送りになったりしまして、何が正解なのか不安になったこともありました。
でもそこは信念を曲げず、いつかお互いの考えがマッチする会社が現れると信じていれば巡り合えるし、後悔しない転職ができると実感しました

54歳男性
54歳男性

異業種への活動を行っていたものの即戦力になり得ないとの自他判断を受け止め、長年の経験があった業界に絞り活動。当初はWeb面談にさえ進めない事に若干の焦りを感じる期間もありましたが面接に備えたポイントの整理、自身のスキル、経験、強み、弱点を客観視する事を準備し続けた結果、5社の内定を頂きました。

54歳男性
54歳男性

いくつかの面接等を通じて自己の客観的な評価や自分のキャリアを活かせられる職務が明確に認識出来るようになりました。また、内定企業では、自己を素直に表現し具体的に貢献できる内容をプレゼン出来た事が良かったものと考えています。

54歳男性
54歳男性

多分200社以上は応募したと思います。しかし、コロナ禍と54歳の高齢という悪条件下ということもあり、書類選考を通過し面接まで進んだ企業は10社もありませんでした。その中で2次面接まで進んだのは3社で、内定をもらった企業は転職を決めた1社のみでした。

引用)転職体験レポート検索結果|ミドルの転職

50代におすすめのキャリア相談先

1.ライフシフトラボ【転職コース】
公式サイト:https://lifeshiftlab.jp/

50代の最高の転職を実現。転職が成功するまでトレーナーが個別伴走してくれます。今なら最大70%OFFの割引あり。初回無料の相談会を実施中!

2.ライフシフトラボ【複業コース】
公式サイト:https://lifeshiftlab.jp/

50代向けの複業スクール!複業で月10万円稼げるまでトレーナーが個別伴走してくれます。無料の個別説明会を実施中!

タイトルとURLをコピーしました