当サイトでは、記事内に広告を掲載している場合があります。 誇大な宣伝や表現とならないよう配慮し、価値あるサービスだけを紹介、有益なコンテンツを制作するよう心がけておりますのでご安心ください。

40代転職で書類選考に通らない原因と解決策のすべて

40代・50代の転職
40代男性
40代男性

40代の転職となると書類選考が通らないな…

40代女性
40代女性

40代の転職で書類選考の通過率を上げるにはどうすれば…

と悩んでいませんか?

40代の人が転職を成功させる難易度は非常に高く、書類選考率が低いのも事実です。

また、転職活動が長期化してしまう40代の人も多いため、書類選考に通らない原因を正しく把握し、対策していくことが重要です。

この記事では、40代の転職で書類選考に通らない原因と解決策をお伝えし、具体的も改善策も合わせて紹介していきます。

40代転職における書類選考の平均通過率

まず、40代の転職活動における書類選考の平均的な通過率について解説します。

基準を理解しておくことで、同年代の人に比べてどうなのか、自分は何社に応募すべきかが明確になります。

40代転職の書類選考の通過率は10%以下

リクルートエージェントの調査結果によると、転職に成功した40代の書類選考の通過率は10%以下であることが分かっています。

こちらの調査データは、転職に成功した人に限定したデータであり、転職できなかった40代の人は含まれていない点を考慮する必要があります。

転職できなかった40代の人を含めた、40代全体の書類選考の通過率は5%程度になる可能性が高いと言えます。

また、40代の場合は面接に通らなかった人の割合は非常に少なく、選考に通らなかった人のほとんどは書類選考の段階で落ちてしまっていることが分かります。

40代転職の応募社数は平均11社

マイナビ転職の調査結果によると、41~ 45歳の応募社数は平均10.1社46~50歳の応募社数は平均12.1社となっていることが分かります。

年齢に比例して応募社数が増加しており、年齢が高くなるほど書類選考に通らないケースが増えることも見てとれます。

また、こちらの調査データはマイナビ社を利用した人の応募社数のデータですので、マイナビ以外の媒体を経由して応募した場合はデータに含まれないため、実態よりも応募社数が少ない可能性が高いことを考慮する必要があります。

実際、40代の転職活動では100社以上応募している人も少なくありません。

40代で転職活動を成功させた人の体験談を一部ご紹介します。

41歳男性
41歳男性

100社くらい書類審査をしたが、面接まで漕ぎ着けたのは3社。1社は最終面接まで行ったが、ネガティヴなコメントを出して失敗した。だが今回決まった会社に対して、面接対策では企業研究をかなり行った。書類審査でかなり落ち、自分の価値・経験はそんなものなのかと落ち込む時もあったが、転職理由を思い起こし踏ん張れたかと思う。

48歳男性
48歳男性

応募社数は200社以上となり、書類選考NGや最終NGとあったり色々であったが、その中で2社ほど内定をいただきました。

40代転職で書類選考に通らない原因6つ

40代の転職活動で書類選考に通らない人の原因は大きく6つあります。それぞれ解説します。

転職支援のプロに職務経歴書の添削を依頼していない

職務経歴書に必要な要素は様々ありますが、最終的に転職のプロに添削してもらうことが非常に重要です。

自分では十分な出来だと思っていても、第三者がチェックすると魅力的に感じなかったり、専門的な内容が多くてよく分からないケースも少なくありません。

数多くの転職者を支援してきたプロの目線から「職務経歴書に必要な要素を満たせているか」「足りない要素が何か」をフィードバックしてもらうことで、書類選考率を改善することができます。

40代におすすめのキャリア相談先

1.ライフシフトラボ【転職コース】
公式サイト:https://lifeshiftlab.jp/

40代の最高の転職を実現!転職が成功するまでトレーナーが個別伴走してくれます。今なら最大70%OFFの割引あり。初回無料の相談会を実施中!

2.ライフシフトラボ【複業コース】
公式サイト:https://lifeshiftlab.jp/

40代向けの複業スクール!複業で月10万円稼げるまでトレーナーが個別伴走してくれます。無料の個別説明会を実施中!

経験・スキルをアピールできる職務経歴書になっていない

書類選考に通らない40代の失敗としてよくあるのが、自分の仕事内容だけを記載してしまっているケースです。

もちろん、これまでの仕事内容を採用担当者に理解してもらうことは必要ですが、その上で「あなたのことを採用したい」と魅力的に感じてもらう必要があるのです。

職務経歴書で過去の仕事内容を要約して説明した上で、「どのような経験を積むことができたのか」「どのようなスキルを身につけることができたのか」について具体的に説明できているかチェックしてみてください。

職務経歴書で成果を定量的に示すことができていない

これまでに培った経験・スキルをアピールするためには、定量的な成果を示すことが必要不可欠です。

仕事内容によっては定量的に示すことが難しい職種もありますが、可能な限り定量的に記載するようにしてください。

「目標に比べて何%達成できたのか」「他の社員に比べてどれだけ成果を出せていたのか」という視点で情報を記載できているか、チェックするのが良いでしょう。

また、時間が経つにつれて自分の成果を忘れてしまうことも多いため、職務経歴書は半年おきに更新しておくことをおすすめします。

再現性のあるスキルを持っていることをアピールできていない

職務経歴書で自分自身の経験・スキルを十分にアピールできていると思っていても、採用担当者が見ると「ウチの会社で活かせるスキルではないな…」と判断されることがよくあります。

もちろん、自分がどのようなスキルを持っているかを整理することは重要ですが、採用担当者の視点で考えてみることも大切です。

「自分自身はどのようなスキルを持っているのか」「そのスキルは応募企業でどのように活かせるのか」という視点を持って職務経歴書を記載するのが良いですね。

また、応募先の企業でどのようなスキルが求められているかを事前に把握しておくことも重要です。

これまでに培った経験・スキルを活かせない求人に応募している

40代の人が書類選考で通過しない原因は職務経歴書の内容にもありますが、どのような企業に応募するかも重要なポイントです。

40代の転職では即戦力が求められ、採用担当者も即戦力として活躍できる人材を求めています。

そのため、書類選考に通らなくて苦労している人は、現在応募している企業が自分の経験・スキルを活かせる企業なのかをチェックすることをおすすめします。

例えば、これまで営業マンとして成果を出してきた人がマーケティングの求人に応募しても、書類選考で通らないケースは多いです。

募集要項の必須要件を満たしていない求人ばかりに応募している

前述のように、40代の転職では即戦力として活躍できる人材が求められることが多いため、ポテンシャルを評価してもらうことは難しいでせう。

ですので、あなたが求人の必須要件を満たしていない求人ばかりに応募しているのであれば、書類選考に通過しないのは当然と言えます。

例えば、求人の必須要件でマネジメント経験が求められているにもかかわらず、マネジメント経験のない人が応募した場合、書類選考で通過する可能性は低くなってしまうでしょう。

40代転職における書類選考の通過率を上げる方法6つ

続いて、40代の転職活動で書類選考の通過率を上げるポイントを6つご紹介します。

転職支援のプロに職務経歴書の添削を依頼する

40代の書類選考の通過率は5%前後と低いため、転職のプロに添削してもらうことが大切です。

また、転職活動で苦労している40代の人は非常に多く、人によっては転職活動が長期化するリスクもあります。

ですので、最高の転職を実現したい40代の人はキャリアコーチングを利用することをおすすめします

ライフシフトラボ40代の最高の転職を実現するキャリアコーチングであり、料金が最大70%OFFとおトクに使うことができるので非常におすすめです。

40代におすすめのキャリア相談先

1.ライフシフトラボ【転職コース】
公式サイト:https://lifeshiftlab.jp/

40代の最高の転職を実現!転職が成功するまでトレーナーが個別伴走してくれます。今なら最大70%OFFの割引あり。初回無料の相談会を実施中!

2.ライフシフトラボ【複業コース】
公式サイト:https://lifeshiftlab.jp/

40代向けの複業スクール!複業で月10万円稼げるまでトレーナーが個別伴走してくれます。無料の個別説明会を実施中!

仕事内容だけでなく経験・スキルを記載する

職務経歴書をまとめる際、仕事内容を整理することは非常に重要ですが、その仕事を通じて得た経験やスキルについても言及することが大切です。

また、記載する経験・スキルはある程度抽象化し、他の企業でも活かせるスキル・経験に落とし込むことをおすすめします。

定量的な成果を職務経歴書に記載する

職務経歴書で自分自身の成果について記載する際、定量的な数字も合わせて記載することが重要です。

定量的な成果を記載できていない場合、採用担当者はあなたの成果を正しく評価できませんし、どれくらいの成果を出してきた人なのか分かりませんよね。

成果について説明する際は、「他の社員と比べてどれだけ成果が出ているのか」「目標に対してどの程度の達成率なのか」という視点でまとめることをおすすめします。

再現性のあるスキルを持っていることを職務経歴書でアピールする

採用担当者が転職者の職務経歴書をチェックする際、その人が「過去にどんな経験を積んできたのか」「ウチの会社で活躍できる人なのか」という視点で見ています。

そのため、職務経歴書で自分の経験・スキルを記載する際は、応募先の会社でも活かせる経験・スキルを記載することが望ましいです。

今の会社で身につけた経験・スキルをアピールする際は、応募する会社ではどのように活かせるのかもセットで説明しましょう。

応募する求人で求められている人物像に合わせる

素晴らしい経験を積んでスキルを持っている人だとしても、応募する企業が求めている人物像とかけ離れてしまっている場合、書類選考で落ちてしまう可能性が高いです。

ですので、事前準備として求人をしっかり読んで「応募する企業がどのような人物を採用したいのか」を把握しておくことが大切です。

ただし、事実と異なる内容を記載するのはNGですので、実際に経験したことや身につけたスキルの中で、採用担当者の視点を意識した職務経歴書を作成することをおすすめします。

自分の経験・スキルを活かせる求人に応募する

書類選考の通過率を上げるためには、職務経歴書の内容だけでなく、どのような企業に応募するかも非常に重要な要素です。

自分のキャリアを棚卸しして、これまでの経験・スキルを言語化した上で、それらを活かせる求人に応募することをおすすめします。

特に40代の転職では即戦力としての活躍が求められるため、これまで経験してきた職種・業界に合わせて応募することで、書類選考の通過率は高くなるでしょう。

40代の書類選考率がアップする転職支援サービス

40代の転職は難易度が高いため、プロのサポートを受けないと転職活動が長期化するリスクもあります。

ですので、最高の転職を実現したい40代の人はキャリアコーチングを利用することをおすすめします

キャリアコーチングとは、専属のトレーナーが1対1で転職活動を伴走、自己分析を通してあなたの強みや価値観を明確にし、最高の転職を実現するサービスです。

専属のトレーナーが、過去の経験・スキルからあなたの強みを言語化し、企業選定から職務経歴書・面接対策の対策まで全て一緒にやってくれます。

費用はかかりますが、補助金制度を使えば料金が最大70%OFFで使えるキャリアコーチングがあります。

ライフシフトラボは40代の最高の転職を実現するキャリアコーチングであり、料金が最大70%OFFとおトクに使うことができるので非常におすすめです。

ライフシフトラボ|最高の転職を実現したい40代向け。料金最大70%OFF

ライフシフトラボ(転職コース)は、40代の最高の転職を実現するキャリアコーチングです。

経済産業省の補助金制度を利用できますので、最大70%OFFと非常に安い料金で利用することが可能です。

ライフシフトラボを利用すると、専属トレーナーがあなたの本当の市場価値を見出し、転職が成功するまで個別伴走してくれるのでオススメです。

また、トレーナーは全員40〜50代ですので、同世代だからこそ共感してもらえる悩みを相談できるのもメリットですね。

難易度の高い転職を成功させた方も多く、40代の転職活動に強い数少ないキャリアコーチングですので、無料の個別相談会に参加してみることをオススメします。

コース別内容転職コース
料金月額9,800円〜
回数全8回
チャット相談
オンデマンド講座
全額返金制度

ライフシフトラボ(転職コース)公式サイト:
https://lifeshiftlab.jp/tenshoku

きづく。転職相談

『気づく。転職相談』は、「1ヶ月で本当の目指したい未来が見つかる」というコンセプトのキャリアコーチングサービスです。

『気づく。転職相談』というサービス名にある通り、自分の強みや価値観を見つけ出し、仕事の魅力にも気づく事で一人ひとりに最適なキャリアを設計するプログラム内容になっています。

トレーニング修了から2ヶ月以内であれば、30分の面談機会を無料で提供してもらう事ができるので、転職後の悩みを相談する事が可能です。

また、24歳から50歳と幅広い年齢の人が利用しているため、誰もが気軽に利用することができます。

コース別内容1ヶ月プラン転職相談プラン
強み相談プラン
料金187,000円(税込)
396,000円(税込)209,000円(税込)
分割料金9,038円〜19,153円〜 10,109円〜
回数4回10回5回
書類添削×
面接対策×
LINEサポート35日120日80日

気づく。転職相談公式サイト:
https://kidzukutensyoku.com/

40代の転職を成功させるポイント

最後に40代の転職活動を成功させるポイントをいくつか解説します。ぜひ実践してみてください。

キャリアコーチングを利用する

40代の転職を成功させる難易度は高く、人によっては転職活動に1年以上かかってしまうこともあります。

難易度の高い40代の転職を成功させるためにも、キャリアコーチングを利用し、転職のプロのサポートを受けることをおすすめします。

キャリアコーチングとは、専門のコーチが一対一でサポートを行い、自己分析を通して自分自身の強みや価値観を明確にし、理想のキャリアプランを設計するためのサービスです。

コーチは、受講者の過去の経験やスキル、将来の目標をじっくりと聞き、今後のキャリアプラン設計や転職活動まで伴走してサポートします。

転職エージェントと異なり採用企業から報酬を頂かず、個人から料金をいただくため、100%個人を向いて価値提供できる構造になっています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: キャリアコーチングのビジネスモデル-1024x538.png

40代で転職活動をする場合、ライフシフトラボのように40代の転職に強いサービスを使うのがおすすめです。

40代におすすめのキャリア相談先

1.ライフシフトラボ【転職コース】
公式サイト:https://lifeshiftlab.jp/

40代の最高の転職を実現!転職が成功するまでトレーナーが個別伴走してくれます。今なら最大70%OFFの割引あり。初回無料の相談会を実施中!

2.ライフシフトラボ【複業コース】
公式サイト:https://lifeshiftlab.jp/

40代向けの複業スクール!複業で月10万円稼げるまでトレーナーが個別伴走してくれます。無料の個別説明会を実施中!

自分の強みを言語化する

40代での転職は、企業側にあなたが即戦力で活躍できることをアピールすることが重要になってきます。

そのためにも、あなたの過去の経験を洗い出し、アピールできる強みを明確にしていく必要があります。

しっかりと時間を確保して、キャリアの棚卸しをすることをおすすめします。

「自分の強みがよく分からない」という人は、ライフシフトラボのような転職支援サービスを利用し、プロに転職活動をサポートしてもらうのが良いですね!

強みを活かせる企業・ポジションに転職する

自己分析を通じて自分の強みが明確になったら、その強みを活かして活躍できそうな企業・ポジションの求人に応募することも重要です。

あなたの強みがない分野の求人に応募しても内定をもらえる確率は低いため、自分に合った求人の見極めも非常に重要となります。

先ほどもお伝えした通り、40代の転職では即戦力で活躍できると評価してもらえることが大事なので、まずは自分の強みを整理するところから始めてみてください。

職務経歴書・面接対策を入念にやる

「40代を特に採用したい企業は2.3%だけ」という調査結果もあり、40代の採用に興味がある人事担当者は少なく、だからこそ書類選考・面接を通じてあなたが魅力的な人物であることをアピールする必要があります。

40代で転職した人の体験談を見てみると、書類選考で苦労した人も多いことが分かります。

44歳男性
44歳男性

法務的な知見や経験は多少はあれど、企業から「経験者」と判断されるほどの実力はなかった。最終面接まで行けたが見送り。人柄は良いが、法務的な経験に乏しいがほとんど。エントリー数は70~80社くらい、面接は10社以上しました。

48歳男性
48歳男性

年齢が40代後半という事もあり、年齢の壁を物凄く感じた事が一番苦労した部分でした。書類選考が、10件応募して1件通るか通らないかという感じです。

書類選考に通過しないと面接すらしてもらえないため、職務経歴書を作り込むことは非常に大切です。

また、面接で苦労した人も一定の割合でいるようです。

44歳男性
44歳男性

レジメ作成や一次面接などの転職活動を進めていく中で、自分自身の転職志向が明確になりました。転職活動を開始した当初は、自己をどのように表現するかを意識しがちで、書類選考不通過や一次面接不通過が繰り返される日々に落ち込むこともありました。ただ、転職を諦めることができず、求x人票を通して、社会の要求・市場ニーズを考えるようになり、少しづつレジメをブラッシュアップしていくことができました。

まずは自分が出来る範囲で転職活動に取り組んでみて、1人だと難しいと感じた場合は転職のプロに相談することをおすすめします。

40代におすすめのキャリア相談先

1.ライフシフトラボ【転職コース】
公式サイト:https://lifeshiftlab.jp/

40代の最高の転職を実現!転職が成功するまでトレーナーが個別伴走してくれます。今なら最大70%OFFの割引あり。初回無料の相談会を実施中!

2.ライフシフトラボ【複業コース】
公式サイト:https://lifeshiftlab.jp/

40代向けの複業スクール!複業で月10万円稼げるまでトレーナーが個別伴走してくれます。無料の個別説明会を実施中!

50社以上に同時に応募する

40代での転職活動では、多くの企業に応募することも戦略の1つです。

100社応募しても3社程度しか書類選考に通過しない人もいますので、出来るだけ多くの企業に応募して選択肢を広げておくのが良いです。

48歳男性
48歳男性

応募社数は200社以上となり、書類選考NGや最終NGとあったり色々であったが、その中で2社ほど内定をいただく。職種がゼネラリストかスペシャリストかの選択となり、今までの経験を活かすのであればゼネラリストとしてのキャリアを積んでいくことがわかりやすい選択ではあったが、スペシャリストはセカンドキャリアを考えた時には捨てがたい職種でもあったため、条件面や今後のキャリアを鑑みた結果、最終的にはスペシャリストとしてのキャリアを積んでいくことを選択。

44歳男性
44歳男性

44社応募したうち、書類選考を通過し、面接に進めたのは4件で、うち3社は外資系であった。
日本の企業は、転職回数が多いために書類選考を通過できない企業がほとんどであった。
年齢や、博士号を持っているため、スペックオーバーで敬遠されることもあった。

また、面接の機会が増えることで面接に慣れることができますし、第一志望の企業と面接するための練習の機会にもなりますよね。

ただし、多くの企業に応募する際は、それぞれの企業に対してきちんと研究をした上で面接に臨むようにしてください。

転職先を決めてから退職する

転職する前に退職する人がいますが、基本的には転職先を決めてから退職交渉を行うべきです。

なぜなら、40代は転職の難易度が高い年齢であり転職活動が長期化する可能性があるからです。貯金を切り崩す生活になり、焦って意思決定してしまうこともあります。

パワハラ等の辞めざるを得ない事情があれば別ですが、基本的には退職前に転職活動を行いましょう。

企業の選考タイミングを揃える

転職活動を進める際は、各企業の応募は同時にしておきましょう。

A社は最終面接、B社は一次面接、といったように各企業の選考の進捗がズレてしまうと、内定承諾期限が被らない企業が出てしまい、B社の合否を待ってからA社に返事をするといった対応ができないくなってしまいます。

各企業の選考ステータスを揃えておくことで、最終的な意思決定をする際に困らないのでおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました