当サイトでは、記事内に広告を掲載している場合があります。 誇大な宣伝や表現とならないよう配慮し、価値あるサービスだけを紹介、有益なコンテンツを制作するよう心がけておりますのでご安心ください。

中高年の転職は厳しい?転職市場の現実と成功するポイントを解説

40代・50代の転職
中高年の男性
中高年の男性

中高年の転職って厳しいのかな…

<meta charset="utf-8">中高年の女性
中高年の女性

中高年の転職を成功させるにはどうしたら良いんだろう…

と悩んでいませんか?

中高年の転職は20代・30代に比べると難易度が高く、転職を成功させるためには事前に対策をしっかりやる必要があります。

この記事では、中高年を取り巻く転職市場の現実をお伝えし、中高年の転職を成功させるポイントについて解説していきます。

中高年の転職事情の現実

まず中高年の転職事情についてご紹介します。

紹介するデータの中には中高年の方にとって厳しいデータも含まれますが、不安に思う必要はありません。

転職市場の動向を正しく理解した上で、転職活動に取り組んでいきましょう。

「中高年を特に採用したい」と考えている企業の割合は3%未満

444社の人事担当者が回答したアンケート調査によると、特に採用したい年齢は20代〜30代であり、「40代を特に採用したい」と回答した人は2.3%「50代を特に採用したい」と回答した人は0.5%と少ないことが分かります。

また「60代を特に採用したい」と回答した企業は0%という結果となり、中高年の人の中でも年齢を重ねている人ほど転職の難易度が高いと言えます。

引用)人事担当者アンケート

また、「採用対象となる年齢」について質問したアンケート項目では、「40代も採用対象である」と回答した人事担当者は44.6%「50代も採用対象である」と回答した人事担当者は16%ことが分かりました。

引用)人事担当者アンケート

上記の2つのアンケート結果から「中高年を積極的に採用したい企業はごく一部であるものの、実際には15〜45%程度の企業が中高年の人を採用対象としている」ということが分かります。

特に40代の場合は40%以上の企業が採用対象としていますので、そこまで悲観的になる必要はありません。

ただし、50代を採用対象としている企業は16%であり、40代を採用対象としている企業数の半分以下になってしまいます。

このデータからも、出来るだけ早く転職活動をした方が良いことが分かりますね。

中高年で転職した人の割合は5〜6%

厚生労働省職業安定局の資料によると、40代で転職する人の割合は約6.5%、50代で転職する人の割合は5.5%となっており、20代・30代に比べて転職者の割合が年々減っていることが分かります。

引用)厚生労働省職業安定局 中途採用に係る現状等について

基本的には年齢を重ねるほど転職の難易度が上がっていきますので注意しましょう。

40代の男性・女性別転職者割合

株式会社マイナビの転職動向調査(2020年版)によると、40代男性の転職者の割合が4.5%、40代女性の転職者割合が6.5%であることが分かりました。

また、50代男性の転職者の割合は4%、50代女性の転職者割合は5.4%であり、男女ともに転職者の割合が減っていることが読み取れます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: スクリーンショット-2024-01-03-23.40.57-1024x227.png
引用)株式会社マイナビ転職動向調査2020年版

男女別のデータを見ても、中高年の転職は年齢を重ねる度に転職する人が減っていくことが分かります。

中高年の転職で年収アップを実現できる割合

「転職後の年収」調査(2023年版)によると、40〜44歳の75%、45〜49歳の44%の人が「転職後に年収がアップした」と回答しました。

引用)「転職後の年収」調査(2023年版)

50代の場合、50〜54歳の12%、55〜59歳の2%の人が「転職後に年収がアップした」と回答しました。

40代で転職した人が年収アップを実現する可能性は高いですが、50代の人は厳しい可能性が高いことを中高年の人は認識しておきましょう。

実際、50代後半になると転職によって年収アップした人はわずか2%しかおらず、58%の人は年収がダウンしていることが分かります。

中高年の未経験転職は難しい

人事担当者が中高年の転職者に対して期待しているのは「即戦力」です。

入社してすぐに活躍してもらえる人材を採用したいので、未経験分野から転職してくる中高年を採用する可能性は残念ながら低いです。

人事担当者の目線で考えてみると、未経験の人材を採用するなら、成長するポテンシャルが高い20代の人を採用する方が良いですよね。

また、業種よりも職種を変える転職の方が難易度が高く、転職できたとしても年収・待遇が大幅にダウンする可能性もあるため、注意が必要です。

職種を固定したまま、別の業界でも活躍できそうと評価してもらえた場合は異業界にも転職することができるでしょう。

中高年の転職で成功しやすい人の特徴

中高年の転職で成功しやすい人の特徴について解説します。

以下の特徴に当てはまる人は、企業から高く評価される可能性があります。

当てはまらない人は、転職活動の準備をより入念にやる必要がありますので、後ほど紹介する「中高年が転職を成功させるポイント」を参考にしてください。

マネジメント経験がある人

中高年で転職に成功しやすい人の特徴の1つ目は「マネジメント経験」です。

中高年になると、プレイヤーとして活躍することはもちろん、チームやプロジェクトを率いるマネジメントの役割が期待されることが多いです。

ですので、何人のメンバーをマネジメントしたのか、どのようなマネジメントをやっていたのか、チームでどんな成果を上げたのかを適切にアピールできると良いですね。

また、メンバーをマネジメントした経験が少ない場合は、自分が主導したプロジェクトにおいてどんな成果を上げたのか、メンバーとどのような関わり方をしたのかをアピールしましょう。

特定分野におけるスペシャリスト

マネジメント経験だけでなく、特定分野において経験・スキルが豊富なスペシャリストも高く評価されることが多いです。

高度な技術や知識を活用し、プレイヤーとして企業の成長に貢献してもらえそうという期待感を持ってもらうことができるでしょう。

特にテクノロジー・財務・会計・法務の分野のスペシャリストは貴重であり、中高年で経験豊富なスペシャリストを採用したい企業は数多くあります。

年下のメンバーと馴染んで協働することができる人

さまざまな年齢の人のチームで働く能力は、中高年から転職する上で非常に大切になってきます。

20代・30代の人が年上の人に話しかけるのは遠慮しがちですので、主体的に会話をして周囲の人と円滑なコミュニケーションを取れる人は、採用する決め手の1つになる可能性があります。

豊富な経験を活かしながらも、年下のメンバーの新鮮な視点やアイデアを尊重する柔軟性を持つことも重要ですので、日々チームマネジメントをする際に意識することをおすすめします。

中高年の転職で苦労しやすい人の特徴

中高年の転職活動で苦労しやすいがある人の特徴をいくつかご紹介します。

共通点に当てはまっている人は、次のパートで解説している「中高年が転職を成功させるポイント」を参考にしてください。

年齢に対して転職回数が多い

中高年で転職回数が多い人は書類選考の段階で不採用になることが多く、転職活動で苦労する原因の1つとなっています。

転職回数が多い場合、採用担当者が「この人は短い期間で転職を重ねているから、ウチに入社してもすぐ辞めてしまうのでは」という懸念を抱えてしまうことがあります。

具体的な回数としては、約50%の採用担当者が「40代で転職回数が4回目以上の人は選考に影響する」と回答しています。

引用)転職に関するアンケート

中高年の年齢に合った経験・スキルを積んでいない

中途採用において、中高年の転職者には即戦力で活躍してもらえることを期待しています。

ですので、即戦力で活躍できると評価してもらえるほどの経験・スキルを持っていない場合、選考での評価が低くなってしまう傾向があります。

具体的な経験・スキルとして、マネジメントの経験がある人、特定分野において経験・スキルが豊富なスペシャリストが高く評価されることが多いです。

また、中高年の経験豊富な方でさえ、自分の強みが言語化できずに転職で不利になってしまうことが非常に多いです。

中高年の転職は難易度が高いため、キャリアのプロに相談してみるのがおすすめです!

40〜50代におすすめのキャリア相談先

1.ライフシフトラボ【転職コース】
公式サイト:https://lifeshiftlab.jp/

40〜50代の最高の転職を実現!転職が成功するまでトレーナーが個別伴走してくれます。今なら最大70%OFFの割引あり。初回無料の相談会を実施中!

2.ライフシフトラボ【複業コース】
公式サイト:https://lifeshiftlab.jp/

40〜50代向けの複業スクール!複業で月10万円稼げるまでトレーナーが個別伴走してくれます。無料の個別説明会を実施中!

未経験職種への転職ばかりを希望する

繰り返しになりますが、中高年の転職では即戦力で活躍できる人が評価されるため、未経験分野への転職は難しい傾向にあります。

ですので、全く経験の無い分野への転職だけを希望した場合、ほとんどの企業で不採用になってしまい、みじめな気持ちになる可能性があります。

一方で、職種を固定したまま、別の業界でも活躍できそうと評価してもらえた場合は異業界にも転職することができるでしょう。

年収アップを強く望んでおり柔軟性がない

中高年の転職において年収がアップする人がいる一方で、年収が下がる人も一定数います。

ですので、大幅な年収アップを希望して企業に伝えていると、折り合いがつかずに不採用になるケースが多くなるでしょう。

家庭等の事情によって必要な年収は変わってきますが、ある程度の柔軟性を持った上で交渉することをおすすめします。

中高年が転職を成功させるポイント

中高年の転職を成功させるために実践するべきポイントを解説します。

転職を成功させる上で重要ですので、ぜひ実践してみてください。

キャリアコーチングを利用する

中高年の転職の難易度は非常に高いため、1人で転職活動をするのはリスクがあります。

また、40代の人は転職エージェントからお断りされるケースも多く、サポートが手薄くなってしまうリスクがあります。

ですので、最高の転職を実現したい中高年の人はキャリアコーチングを利用することをおすすめします

キャリアコーチングとは、専属のトレーナーが1対1で転職活動を伴走、自己分析を通してあなたの強みや価値観を明確にし、最高の転職を実現するサービスです。

専属のトレーナーが、過去の経験・スキルからあなたの強みを言語化し、企業選定から職務経歴書・面接対策の対策まで全て一緒にやってくれます。

費用はかかりますが、補助金制度を使えば料金が最大70%OFFで使えるキャリアコーチングがあります。

ライフシフトラボは、40〜50代の最高の転職を実現するキャリアコーチングであり、料金が最大70%OFFとおトクに使うことができるので非常におすすめです。

ライフシフトラボ(転職コース)は、40代・50代の最高の転職を実現するキャリアコーチングサービスです。

経済産業省の補助金制度を利用できますので、最大70%OFFと非常に安い料金で利用することが可能です。

ライフシフトラボを利用すると、専属トレーナーがあなたの本当の市場価値を見出し、転職が成功するまで個別伴走してくれるのでオススメです。

また、トレーナーは全員40代〜50代の同世代の人ですので、同世代だからこそ共感してもらえる悩みを相談できるのもメリットですね。

難易度の高い転職を成功させた方も多く、40代・50代の転職に強い数少ないキャリアコーチングですので、無料の個別相談会に参加してみることをオススメします。

コース別内容転職コース
料金月額9,800円〜
回数全8回
チャット相談
オンデマンド講座
全額返金制度

ライフシフトラボ(転職コース)公式サイト:
https://lifeshiftlab.jp/tenshoku

少しでも早く転職活動を開始する

冒頭で紹介した通り、企業の中高年の採用ニーズは少なく年齢を重ねるほど難易度は高くなっていきます。

1歳でも歳を重ねると転職の難易度が高くなりますので、今すぐ転職活動を開始することが最大のポイントと言えます。

また、転職で年収アップを実現する難易度も年々高くなりますので、中高年の人は出来るだけ早く行動しましょう。

自己分析を通じて自分の強みを明確にしておく

中高年の転職活動では、多くの企業の書類選考で落ちてしまうことがよくありますが、それは強みを明確にアピールできていないことが最大の原因です。

書類選考の前に職務経歴書を作り込むことが重要になりますが、それ以前に自己分析に徹底的に取り組み、自分自身の強みを言語化することに時間を使いましょう。

自分ひとりで自己分析をやることに不安がある人は、ライフシフトラボのような中高年の転職に強いサービスを利用するのがオススメです。

現在の年収の維持・年収ダウンを許容する

中高年の転職活動では、年収アップを実現する人がいる一方、年齢を重ねている人ほど転職活動によって年齢が下がってしまう傾向があります。

これまでの経験やスキル、働いている業界が成長産業かどうか等の要因によって年収は変化しますし、必ずしも希望年収がもらえるとは限りません。

また、難易度が高い中高年の転職において、年収アップを強く希望し続けている人はいつまで経っても内定が貰えないという事態になりかねません。

もちろん、今の会社で不当な評価を受けている人は適切に年収交渉する必要がありますが、中高年の転職を成功させるために年収はある程度寛容になった方が良さそうです。

数多くの企業の書類選考・面接で落ちることを覚悟しておく

多くの企業の選考に落ちてしまうことで、自分自身をみじめだと感じる人も多いです。

中高年の転職活動においては、100社に応募して3社が書類選考を通過、結果的に種類選考の通過率が3%となるケースも少なくありません。

もちろん、過去の経験・スキルが豊富な人は選考に合格することが多いと思いますが、経験・スキルが少ない人や、転職回数が少ない人にとっては厳しい戦いになるでしょう。

ですので、最初から一定程度は選考に落ちてしまうことを覚悟し、選考に落ちた際も前向きに取り組めるような心の準備をしておくことをオススメします。

中高年におすすめのキャリアコーチング

中高年の転職は難易度が高いため、プロのサポートを受けながら転職活動をするのがおすすめです。

以下でご紹介するキャリアコーチングを利用することで、中高年の転職に強いプロのサポートを受けることが可能です。

無料の個別相談会をやっていますので、ぜひ気軽に相談してみてくださいね!

ライフシフトラボ|最高の転職を実現したい40〜50代向け。料金最大70%OFF

ライフシフトラボ(転職コース)は、40代・50代の最高の転職を実現するキャリアコーチングサービスです。

経済産業省の補助金制度を利用できますので、最大70%OFFと非常に安い料金で利用することが可能です。

ライフシフトラボを利用すると、専属トレーナーがあなたの本当の市場価値を見出し、転職が成功するまで個別伴走してくれるのでオススメです。

また、トレーナーは全員40代〜50代の同世代の人ですので、同世代だからこそ共感してもらえる悩みを相談できるのもメリットですね。

難易度の高い転職を成功させた方も多く、40代・50代の転職に強い数少ないキャリアコーチングですので、無料の個別相談会に参加してみることをオススメします。

コース別内容転職コース
料金月額9,800円〜
回数全8回
チャット相談
オンデマンド講座
全額返金制度

ライフシフトラボ(転職コース)公式サイト:
https://lifeshiftlab.jp/tenshoku

ライフシフトラボ|40〜50代で複業収入10万円を実現するスクール

ライフシフトラボ(複業コース)は、40代・50代の複業を成功に導くキャリアコーチングサービスです。

複業で月10万円稼ぐことを目標にするため、実現できれば3ヶ月で費用を回収でき、利用するリスクは小さいのが特徴です。

副業の立ち上げに精通するトレーナーがあなたの強みの言語化し、複業をスタートして稼ぐまでの具体的なアクション設計〜実行をマンツーマンで伴走してくれる短期集中型のプログラムになっています。

あなたに専属のトレーナーが付き、複業デビューまで個別伴走してくれるのが特徴です。

卒業生の実績を見ても、プログラム終了後の副業デビュー率は95%と非常に高いです。

ローリスクで利用するメリットが大きいサービスであり、複業・副業について具体的なアドバイスがもらえる個別の無料説明会を開催しているので、ぜひ参加してみてください。

コース別内容通常プラン
料金14,800円(月額)
期間2ヶ月
回数全8回
チャット相談
オンデマンド講座
返金制度

ライフシフトラボ(複業コース)公式サイト:
https://lifeshiftlab.jp/

中高年の転職活動の正しい流れ

中高年の転職活動を成功させるための正しい流れをご紹介します。

現在の悩みを解決するために転職が必要なのか検討する

あなたが抱えている仕事の悩みが転職によって本当に解決できるのかを深く考えることが必要です。

例えば、人間関係の問題や業務の内容に関する不満など、その原因はあなたが所属する会社が原因で解決不可能なものなのか、あなたの取り組みや努力次第では改善できる可能性があるかを見極めることが大切です。

転職をしても同じ問題に直面する可能性がある場合、転職したとしても一時的な解決策に過ぎないかもしれません。

自分自身の価値観や求める環境を明確にし、それに基づいて転職が適切かどうかを判断することが重要です。

悩みを解決するために今の会社で出来るアクションをやりきる

転職を考える前に、現在の会社で自分が取れるアクションを最後までやりきることが大切です。

例えば、業務の内容に不満がある場合、上司や同僚とのコミュニケーションを取り、改善の提案をするなどのアクションを考えることができます。

また、人間関係の問題がある場合、相手との対話を試みる、または人事部門に相談するなどの方法が考えられます。

どんな会社で働くとしても悩みが全くないというケースは少ないでしょう。

ですので、悩んだ時に自分の努力で解決する力を身につけることも一定は大切なのです。

中途採用の面接においても「悩みを解消するために何をしましたか?」と質問されることも多いため、今の環境で出来ることはやりきった方が良いですね。

中長期的なライフプラン・キャリアプランを設計する

中高年は結婚や子育てなど、ライフイベントが多く重なる時期です。

そのため、仕事だけでなく、中長期的なライフプランをしっかりと設計することが大切です。

どのような生活を望むのか、将来的にどのようなキャリアを築きたいのかを明確にすることで、現在の仕事がそのプランに合致しているのかを判断する材料となります。

また、ライフプランとキャリアプランを合わせて考えることで、仕事とプライベートのバランスを取るための方向性も具体的に見えてきます。

キャリアの棚卸しをする

これまでのキャリアを振り返り、自分の強みや得意分野、これからのキャリアで挑戦したいことを明確にすることが大切です。

また、キャリアの棚卸しをすることで、現在の仕事が自分のキャリアの中でどのような位置づけになっているのか、今後の方向性を考える上での参考となります。

仕事を辞める前に、自分のキャリアを深く理解し、将来のビジョンを明確にすることが、後悔のない選択をするための鍵となります。

ライフプラン・キャリアプランを実現できる求人を選定する

キャリアの棚卸しを行った後は、自分のライフプランやキャリアプランを実現できる求人を選定することが次のステップとなります。

具体的には、勤務地、勤務時間、給与、福利厚生、キャリアアップの可能性など、多岐にわたる要素を考慮しながら、自分の価値観やキャリアの方向性に合った求人を選ぶことが重要です。

また、自分の強みを発揮できる企業・ポジションを見極めることも重要なポイントです。

選考対策をして内定を獲得する

求人を選定した後は、選考対策をしっかりと行い、内定を獲得することが次のステップとなります。

まず、履歴書や職務経歴書を丁寧に作成し、自身の経験やスキルをアピールポイントとして明確に伝えることが大切です。

中高年は過去の経験・スキルをアピールし、すぐ活躍してもらえる即戦力の人材だと思ってもらうことが重要です。

ですので、過去のキャリアの棚卸しを行い、強みを言語化しておきましょう。

また、面接対策としては、自己PRの準備や、志望動機の明確化、業界や企業のリサーチなどを行うことで、面接官に自分の適性や意欲を伝えることができます。

退職交渉を進める

内定を獲得した後のステップとして、現職での退職交渉が待っています。

まず、上司や人事部門に退職の意向を伝える際には、感謝の気持ちを忘れず、これまでの感謝を伝えることが大切です。

また、最終出社日に余裕を持つことで引き継ぎを十分行うことができますし、円滑な退職交渉が進められる可能性が高まります。

退職日の設定や引き継ぎのスケジュールなど、具体的な手続きについても早めに話し合い、退職する日まで丁寧に対応するようにしましょう。

中高年で転職に成功した人の体験談まとめ

中高年で転職を成功させた人の体験談をまとめました。

成功するためのポイントや苦労したポイントをぜひ参考にして頂き、ご自身の転職活動に役立ててください。

40代で転職した人の体験談まとめ

41歳男性
41歳男性

未経験業界ではないが、今までの経験を活かせる業界であったため、非常に好待遇な条件通知を頂いた。ただ、転職後には経験職ではなく似た業界での経験であるため、未経験ではないが経験者とも言えないという状態であるため、人よりは前向きに貪欲に取り組む必要があるとは思います。それらの不安要素があっても、それをはるかに上回る内容での転職のため、人生最後の転職として業務に取り組んでいきたいと思います。

44歳男性
44歳男性

面接までありつける会社まで、募集はできるだけした。募集した基準は今より条件面で少しでも良い企業はなるべく受けた。面接まで行った会社で6社目で入社が決まった。内定頂いた会社は、以前から働いてみたい会社の一つであったことや、上記、面接までいった会社で6社目での会社だった事から、ベストだと思ってる。

48歳女性
48歳女性

苦労したことは、一次面接前のテストです。ネットにある無料の問題を解いて対策しました。たくさんあるので、自分の弱い分野を中心に多くをこなしました。一次面接は3対1で、一緒に働く方々でしたので、具体的な業務の質問が多かったです。最終面接は役員の方々とズームでした。人間関係やコミュニケーション能力の話が多かったです。

41歳男性
41歳男性

100社くらい書類審査をしたが、面接まで漕ぎ着けたのは3社。1社は最終面接まで行ったが、ネガティヴなコメントを出して失敗した。だが今回決まった会社に対して、面接対策では企業研究をかなり行った。理念は当然だが、社会貢献や店舗巡回など自分でかなり調べた事が好印象だったようだ。在職中だった為、時間に限りはあったが、その中でも面接官が何を気にしてるか、どういった人物なのかと逆の立場を考えた結果かと思う。書類審査でかなり落ち、自分の価値・経験はそんなものなのかと落ち込む時もあったが、転職理由を思い起こし踏ん張れたかと思う。

44歳女性
44歳女性

はじめは業界にこだわっていたため、求人数も少なく、このまま転職したい気持ちも抱えながら現職に残るかどうかとても迷いました。けれども、やはり他の企業でチャレンジしたい気持ちが強くなり、業界に強くこだわるのはやめて、より自分が成長できる企業はどこかという目線から探すようにしたところ、応募先がかなり広がりました。

48歳男性
48歳男性

自分自身のキャリアの整理をし、自己分析(何をやりたいのか、何が出来るのか、何をすべきなのか)については特に時間をかけて進めました。履歴書・職務経歴書を作成し、特に自分がやりたい仕事・やれる仕事をする上で最も聞いてほしいことやアピールしたいことを全面に訴えることのできる職務経歴書に変更。それにより書類選考が通るようになった。

41歳女性
41歳女性

まずは手始めに3社自分でエントリーシートや履歴書を書いてエントリーしましたが、書類選考で全て不合格でした。おそらく小さな子供を抱えての転職活動だったため、当初は勤務時間やお休みなど働く条件をかなり制限していたことが敗因だったのではないかと思います。そこで、全滅したことで条件に拘りすぎてもやりたい仕事はできないと逆に吹っ切れ、家族や両親にサポートを依頼することにし、子供が生まれる前と同様フルタイム正社員を探すように気持ちを切り替えました。

44歳男性
44歳男性

レジメ作成や一次面接などの転職活動を進めていく中で、自分自身の転職志向が明確になりました。転職活動を開始した当初は、自己をどのように表現するかを意識しがちで、書類選考不通過や一次面接不通過が繰り返される日々に落ち込むこともありました。
ただ、転職を諦めることができず、求人票を通して、社会の要求・市場ニーズを考えるようになり、少しづつレジメをブラッシュアップしていくことができました。

48歳男性
48歳男性

応募社数は200社以上となり、書類選考NGや最終NGとあったり色々であったが、その中で2社ほど内定をいただく。職種がゼネラリストかスペシャリストかの選択となり、今までの経験を活かすのであればゼネラリストとしてのキャリアを積んでいくことがわかりやすい選択ではあったが、スペシャリストはセカンドキャリアを考えた時には捨てがたい職種でもあったため、条件面や今後のキャリアを鑑みた結果、最終的にはスペシャリストとしてのキャリアを積んでいくことを選択。

41歳男性
41歳男性

40歳になりサラリーマン人生残り20年を想像してみた結果、とても勤め切れるような気がしなかったことがキッカケでした。15年勤め続けてきた会社はいつの間にか社員数も倍以上、売り上げも倍以上の企業になり、企業風土は縦割り&前例主義に。信頼していた上司は退職や定年で去って行き、周りの人間関係も悪い方に変わり果ててしまってました。変化したければ行動するしかない。ラストチャンスと思い転職を決意しました。転職活動を始めて今回転職先が決まるまで、2年程掛かりました。

44歳男性
44歳男性

これまで数回転職を行った経験がありますが、最も苦戦しました。エージェント4社に登録、最終的に合計44社に応募し書類通過が4社でした。想像も入りますが年齢的な部分と、職歴がネックになったのではと思います。比較的大手に勤めていたこともありますが起業や10年以上のフリーランスなど、多くの企業が求める社員像とマッチしなかったのではないでしょうか。ただ過去を今更変えることはできません。

48歳男性
48歳男性

私の今までの社会経験を第三者の目線でしっかりアドバイスいただき、自分がアピールできる事の掘り出しも行っていただき、自分だけで作った職務経歴書とはまるで違った職務経歴書が出来ました。おかげさまで書類選考は通る確率が非常に高まりました。

引用)転職体験レポート検索結果|ミドルの転職

40代におすすめのキャリア相談先

1.ライフシフトラボ【転職コース】
公式サイト:https://lifeshiftlab.jp/

40代の最高の転職を実現!転職が成功するまでトレーナーが個別伴走してくれます。今なら最大70%OFFの割引あり。初回無料の相談会を実施中!

2.ライフシフトラボ【複業コース】
公式サイト:https://lifeshiftlab.jp/

40代向けの複業スクール!複業で月10万円稼げるまでトレーナーが個別伴走してくれます。無料の個別説明会を実施中!

50代で転職した人の体験談まとめ

51歳男性
51歳男性

子供の進学、地元に戻りたいという動機で転勤の相談をしたが、今後もその見通しは限りなく可能性が低いと判断して転職を思い立ちました。50歳を過ぎての転職なので、自分自身に需要があるのか不安しかなかったが、実際には6社から内定を頂きました。

54歳男性
54歳男性

年齢と転職回数の多さがネックとなり書類選考で落選となることもありましたが、面接にたどりつけた企業については、転職回数の多さも理解いただけるよう努めました。また、面接前には今までの業務経験を棚卸して、企業が求めている人材に一致している点などを再確認して面接に挑むようにしました。その結果、今までの経験や業務に対する姿勢などから、経験のない上場企業から内定をいただくことができました。

58歳男性
58歳男性

60歳近いと、面接にまで到達できる機会が少なくなります。当然、給料も少なくなりますが、まず働くことを優先してください。少し気が楽になりますよ。前職の給料レベルに固執すると、次を決めるのが非常に難しくなります。

51歳男性
51歳男性

書類選考にて300社以上の応募。年齢的な面や他者との比較条件のアンマッチ。圧迫面接やただ呼ばれただけの面接や、まともに話を聞いてもらえず10分面接で切り上げられたことや自身と企業側での相互理解につながらなかった。

54歳女性
54歳女性

20代~40代に比べて50代の転職活動は正直厳しいのが現実です。私の場合は経済的な条件よりも「企業理念と自分の志向が一致しているか」という視点を重視していたため、幸いにも比較的早期に転職することができました。

58歳男性
58歳男性

苦労した点は、年齢による機会の少なさ・勤務地の制約・収入の制約。希望する年収レベルとなると、経営層に近い業務となることや、自分のスキルやキャリアを有効活用できる業務での転職機会は多くはないという事を覚悟はしていたが、実際にも限定された。又、家族の健康状態もあって自宅から通える勤務を希望した事で、地方企業からのお誘いをお断りせざるを得ず、選択肢を狭めることになった。

51歳男性
51歳男性

転職応募は48社で、全国どこでも行くつもりでした。だんだん自分の強みが分かるようになり、やりたい仕事内容だと最終面談までいくことができました。退職後2か月で見つけることができました。最終的には4社内定をいただき、最終決断するのが迷うようになりました。

54歳男性
54歳男性

選考は当然難航するため、書類選考に通過しない場合は、直接応募を自力で行い職務経歴書のブラッシュアップすることををおすすめします。経験が長くなると枚数が多くなりますが、実際には年齢でカットされるので、読まれないケースがほとんどだと思います。

58歳男性
58歳男性

就業中であったため時間に追われず、焦らずに進めることができたのは成功の理由の一つかと思います。自身の意欲と先方企業の状況や自身の能力と企業側の期待領域など、充分に検討した上で相互に確認した上で進められました。

51歳女性
51歳女性

未経験で通じる年齢ではないこと、即戦力であり、役職者ということを念頭に求人を探しました。また求人票には何度も目を通し、自分に出来ないことは入っていないか、即戦力として活躍できる企業であるかよく確認をしてから応募するようにしました。

54歳女性
54歳女性

私は転職回数が多い分、転職慣れもしていますが、やはり年齢が上がると転職の門は狭くなります。それでも無駄な時間をかけず無駄な応募を避けるために、まずは自分が転職をする際に譲れない条件の棚卸をしました。次にResumeの更新です。ここまで来たらあとは企業への応募ですが、定年が60歳の企業は最初から外しました。

58歳男性
58歳男性

今までの経験を洗い出し、一度見返すことで自分の強みと弱みを分析したことが結局は良かったのだと思う。また、企業が求めるスキル等を面接の中で冷静に分析しながら質疑応答できた点も内定獲得には効果的だったと判断している。決して焦らず、自分の本意とは違う会社は応募せず、スキルと経験を生かせる分野に応募先を集中させたことも勝因だったと思う。

引用)転職体験レポート検索結果|ミドルの転職

50代におすすめのキャリア相談先

1.ライフシフトラボ【転職コース】
公式サイト:https://lifeshiftlab.jp/

50代の最高の転職を実現。転職が成功するまでトレーナーが個別伴走してくれます。今なら最大70%OFFの割引あり。初回無料の相談会を実施中!

2.ライフシフトラボ【複業コース】
公式サイト:https://lifeshiftlab.jp/

50代向けの複業スクール!複業で月10万円稼げるまでトレーナーが個別伴走してくれます。無料の個別説明会を実施中!

タイトルとURLをコピーしました