当サイトでは、記事内に広告を掲載している場合があります。 誇大な宣伝や表現とならないよう配慮し、価値あるサービスだけを紹介、有益なコンテンツを制作するよう心がけておりますのでご安心ください。

50代の転職相談先おすすめ6選|プロが厳選して紹介

40代・50代の転職
50代男性
50代男性

50代の転職相談って誰にしたらいいんだろう…

50代女性
50代女性

50代向けの転職サービスって色々あるけど、結局どれが良いんだろう…

と考えていませんか?

50代のキャリアの悩みを解決する上で、誰かに転職相談すること自体は効果的ですが、相談相手を間違えるとむしろ逆効果であり、キャリア終盤である50代の貴重な時間が無駄になる可能性があります。

他の記事でも50代の転職相談サービスが紹介されていますが、各サービスの特徴を正しく理解せずに相談しても、あなたの悩みが解消されないこともあります。

実際、各サービスで特徴が異なるため、あなたの悩みや目的によって使い分ける必要があります。

この記事では、50代におすすめの転職相談を紹介するとともに、相談相手の選び方、悩みを解決するためのポイントについてまとめました。

50代向け転職相談サービスの種類

50代向けの転職相談サービスは、以下の4つに大きく分けることができます。

転職相談サービスの種類を4つ紹介しつつ、家族・友人に転職相談するケースを含め、相談するメリットとポイントを解説していきます。

転職相談サービスの全体像を表にまとめました。

費用期間求人紹介特徴
キャリアコーチング有料1〜10回・自己分析から転職活動までトータル支援
・100%個人を向いたサポートが可能
転職エージェント無料1〜3回・求人紹介を前提に転職相談が可能
・経験や年齢によってお断りされる可能性あり
ハローワーク無料1回・職歴に不安がある人におすすめ
・全国に540カ所以上の事務所あり
キャリア形成・学び直し支援センター無料1回・無料でキャリアカウンセリングを受けることが可能

それぞれの特徴を理解した上で、自分に合った転職相談相手を選ぶようにしましょう。

それぞれについて解説していきます。

1. キャリアコーチング|自己分析から転職活動までサポート

キャリアコーチングは、キャリアのノウハウを活用した有料のコーチングサービスです。

個人のお客様から料金をいただくため、利害関係なくフラットな目線でアドバイスをもらうことができます。

コーチングは「コーチがお客様の内面を深掘りする質問を投げかけ、自分を見つめ直す事で自分の価値観・やりたい事を発見する」というものです。

学習塾のような一方的に知識を教える形式ではないので、徹底的に自分と向き合うことができ、自分の軸を作る事ができます。

キャリアコーチングは、基本的に5回〜10回のセッションを実施するサービスが多いです。

50代になると、家庭の事情など仕事以外の要素も加味してキャリアプランを設計し、転職先を見つける必要がありますよね。

また、50代の転職活動は若い人に比べてシビアですので、転職のプロから徹底的にサポートしてもらうことが重要です。

キャリアコーチングは、人生設計からキャリアプラン、転職活動まで全体的にサポートしてくれるため、転職活動で後悔したくない人にはぜひおすすめです。

転職コンサル
転職コンサル

50代の転職支援に強いライフシフトラボがおすすめです。今なら料金が最大70%OFFで利用することが可能。初回面談は無料なので気軽に相談してみてくださいね。

50代におすすめのキャリア相談先

1.ライフシフトラボ【転職コース】
公式サイト:https://lifeshiftlab.jp/

50代の最高の転職を実現。転職が成功するまでトレーナーが個別伴走してくれます。今なら最大70%OFFの割引あり。初回無料の相談会を実施中!

2.ライフシフトラボ【複業コース】
公式サイト:https://lifeshiftlab.jp/

50代向けの複業スクール!複業で月10万円稼げるまでトレーナーが個別伴走してくれます。無料の個別説明会を実施中!

2. 転職エージェント

転職エージェントは、転職することを前提に求人紹介や面接対策など様々なサポートを受けられるサービスです。

転職エージェントは数多くの求人を保有しており、実際の転職市場の動向などを踏まえたアドバイスをもらうことが可能です。

また、採用企業から採用したい人物ニーズを細かくヒヤリングしているため、内定を獲得するための書類対策・面接対策に強いと言えます。

一方、転職エージェントは成果報酬で企業から採用費をもらうモデルですので、転職する前提でないと相談に乗ってもらえないというデメリットがあるので注意しましょう。

一定の職歴がある人は初回面談でフラットに相談に乗ってくれるケースが多いですが、職歴がない人はお断りされてしまう可能性があります。

50代になると、他の年代に比べて求人数がグッと少なくなってしまうのが現実です。

ですので、自分の希望条件に合う求人に出会う確率を高める意味でも、転職エージェントに複数登録しておくことは非常に大切です。

3. ハローワーク

ハローワークは国が運営している職業紹介所であり、求人紹介や転職相談を無料で提供している機関です。

転職エージェントにお断りされてしまった人や、職歴に不安がある人でも相談可能ですし、無料で利用できるという点で価値があります。

しかし、ハローワークは無料で求人掲載できるのでブラック企業を紹介される可能性があり、営利企業ではないため転職アドバイスの質が高くないケースもあるので注意が必要です。

全国各地にありますので、興味がある人は以下からお近くの拠点をお探しください。
全国ハローワークの所在案内|厚生労働省

4.キャリア形成・学び直し支援センター

キャリア形成・学び直し支援センターは、お仕事をしている方を対象に無料でキャリアコンサルティングを提供しているサービスです。

雇用形態は問わないため、アルバイト・派遣で働かれている方も利用することが可能です。

求人紹介は実施していないため、キャリアコンサルティングを通じて「転職したい」と思った方は、転職エージェントを利用して求人を紹介してもらうことのがおすすめです。

キャリア形成・学び直し支援センター公式サイト:

https://carigaku.mhlw.go.jp/icc/

5. 家族・友人

当メディアの編集部が実施した調査「転職活動の悩みを相談する相手ランキング|社会人217人にアンケート調査」によると、6割以上の人が友人や家族に転職相談していることが分かっています。

引用)転職活動の悩みを相談する相手ランキング|社会人217人にアンケート調査

しかし、友人や家族は転職市場に精通したプロではないため、間違ったアドバイスを貰ってしまうことが多いです。

また、家族に相談する場合、世代によって価値観が異なったり、今の時代背景を考慮したアドバイスにならないケースがあるためおすすめしません。

50代向け転職相談おすすめ6選

50代におすすめの転職相談サービスをご紹介します。

キャリアコーチング・転職エージェント・スカウトサービスの3つに分けてご紹介しますので、自分に合ったサービスを選んでみてください。

また、転職サービスは担当者との相性が重要ですので、2〜3つ登録した上で、比較検討してみることをおすすめします。

50代におすすめのキャリアコーチング

50代の転職は難易度が高く、転職エージェントからお断りされる可能性もあるため、キャリアコーチングを使うのがおすすめです。

50代に強いキャリアコーチングは少ないですが、ライフシフトラボは補助金制度を活用することで料金最大70%OFFで利用することができ、サービスの質も高いのでおすすめできます。

ご紹介するキャリアコーチングは初回の無料面談がありますので、気軽に相談してみましょう。

ライフシフトラボ|最高の転職を実現したい50代向け。料金最大70%OFF

ライフシフトラボ(転職コース)は、50代の最高の転職を実現するキャリアコーチングサービスです。

経済産業省の補助金制度を利用できますので、最大70%OFFと非常に安い料金で利用することが可能です。

ライフシフトラボを利用すると、専属トレーナーがあなたの本当の市場価値を見出し、転職が成功するまで個別伴走してくれるのでオススメです。

また、トレーナーは全員同世代の人ですので、同世代だからこそ共感してもらえる悩みを相談できるのもメリットですね。

難易度の高い転職を成功させた方も多く、50代の転職に強い数少ないキャリアコーチングですので、無料の個別相談会に参加してみることをオススメします。

コース別内容転職コース
料金月額9,800円〜
回数全8回
チャット相談
オンデマンド講座
全額返金制度

ライフシフトラボ(転職コース)公式サイト:
https://lifeshiftlab.jp/tenshoku

ライフシフトラボ|50代で複業収入10万円を実現するスクール

ライフシフトラボ(複業コース)は、40代・50代の複業を成功に導くキャリアコーチングサービスです。

複業で月10万円稼ぐことを目標にするため、実現できれば3ヶ月で費用を回収でき、利用するリスクは小さいのが特徴です。

副業の立ち上げに精通するトレーナーがあなたの強みの言語化し、複業をスタートして稼ぐまでの具体的なアクション設計〜実行をマンツーマンで伴走してくれる短期集中型のプログラムになっています。

あなたに専属のトレーナーが付き、複業デビューまで個別伴走してくれるのが特徴です。

卒業生の実績を見ても、プログラム終了後の副業デビュー率は95%と非常に高いです。

ローリスクで利用するメリットが大きいサービスであり、複業・副業について具体的なアドバイスがもらえる個別の無料説明会を開催しているので、ぜひ参加してみてください。

コース別内容通常プラン
料金14,800円(月額)
期間2ヶ月
回数全8回
チャット相談
オンデマンド講座
返金制度

ライフシフトラボ(複業コース)公式サイト:
https://lifeshiftlab.jp/

50代におすすめの転職エージェント

続いて、50代におすすめの転職エージェントを紹介します。

転職活動のアドバイスをして欲しい、自分に合った求人を紹介して欲しい人は登録しておくことをおすすめします。

JACリクルートメント|ハイクラスに特化

JACリクルートメント』は、ハイクラス人材の転職支援に特化しており、ハイクラス向けの求人数は業界屈指です。

ハイクラス層向けの求人は非公開求人であることも多く、50代の転職は求人の選択肢を広げておくことが重要ですので、登録しておいて損はないでしょう。

また、「求人企業向けの営業担当者」と「求職者向けの営業担当者」を分けている転職エージェントが多い中、JACリクルートメントは1人のコンサルタントが求人企業・求職者の両方を担当しているのが特徴です。

企業の内情を深く理解したコンサルタントから客観的なアドバイスをもらうことが出来るエージェントですので、非常におすすめです。

 

JACリクルートメント公式サイト:
https://www.jac-recruitment.jp/

リクルートエージェント|求人数No.1のエージェント

リクルートエージェント』は、業界最大手の転職エージェントであり、求人数・転職支援実績は業界No.1を誇ります。

50代向けの公開求人数が多いことはもちろん、非公開求人も非常に多いため、50代にとって必須の転職エージェントと言えます。

「まだ、ここにない、出会い。」というキャッチコピーを掲げているように、リクルートエージェントだからこそ出会える求人が数多くあるため、おすすめです。

 

リクルートエージェント公式サイト:
https://www.r-agent.com/

doda|満足度No.1のエージェント

doda』は、業界No.2の転職エージェントであり、リクルートエージェントに次ぐ求人数を誇ります。

非公開求人を含めて20万件以上の求人を保有しているため、他のエージェントと比較して多くの求人を紹介してもらうことが可能です。

リクルートエージェントと合わせて登録しておくことで、条件の良い求人と出会える可能性が上がりますので、セットで登録しておくことをおすすめします。

 

doda公式サイト:
https://doda.jp/

50代におすすめのスカウト型サービス

50代におすすめのスカウト型サービスをご紹介します。

「転職するか分からないけど、転職エージェントにキャリアを相談してみたい」と思っている人は、今の段階で以下のスカウト型サービスに登録しておきましょう。

エージェントから送られてきたスカウトであれば、転職を前提としないキャリア相談がしやすく、フラットなアドバイスを貰える可能性が高いためおすすめです。

ビズリーチ

ビズリーチ』は、最も会員数が多いハイクラス特化の会員制転職サイトです。

1700名以上のヘッドハンターや6700社以上の採用企業が利用しており、あなたの職務経歴書を見た上でスカウトをもらうことができます。

ビズリーチのようなスカウト型のサービスに登録しておくと、普段は一般公開されることのない非公開求人が送られてくることがあります。

職務経歴書はできるだけ書いておくことで、スカウトを貰える可能性を高めることができますよ。

また、いますぐ転職を考えていない人も、自分の市場価値を確かめる目的で利用するのが良いですね。

 

ビズリーチ公式サイト:
https://www.bizreach.jp/

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト』は、ハイクラスに特化したスカウト型の転職サービスです。

ハイクラス会員に限定すると転職後の平均年収が950万円以上となっており、年収アップを実現していることが多いことがわかります。

企業の採用担当者・ハイクラス専門のヘッドハンターが利用しているため、好条件のオファーを貰える可能性があります。

レジュメを詳細に記入しておくと企業やヘッドハンターの目に留まりやすくなるので、登録時にしっかり書いておくのがおすすめです。

 

リクルートダイレクトスカウト公式サイト:
https://directscout.recruit.co.jp/

【対象者別】50代向けのおすすめ転職相談サービス

次は、目的別・対象者別に最適な転職相談サービスをご紹介します。

どのサービスを利用するとしても、担当者との相性が非常に大切になるので、2〜3社は登録して比較検討することをおすすめします。

年収を上げたい人向けの転職相談サービス

ビズリーチは、あなたの経歴を見たヘッドハンター・採用企業からスカウトをもらうことが出来ます。採用企業から一般公開されていないスカウトが届いたり、50代の転職支援に強いヘッドハンターからスカウトを貰えることも多数ありますので、ぜひ登録しておくと良いでしょう。

50代になると求人数が少なくなるため、リクルートエージェントも合わせて登録すると、好条件の求人を紹介してもらえることがあるのでおすすめです。

自己分析から転職活動まで全体的に支援して欲しい人向けのサービス

ライフシフトラボは、40代・50代に特化している数少ないキャリア支援サービスであり、自己分析から転職成功までサポートする「転職コース」と、複業の取り組みを支援するコースに分かれています。

女性におすすめの転職相談サービス

マイカウンセラーは、女性に特化したキャリアカウンセリングです。単発で利用することも可能なので気軽に相談できる一方、自己分析に基づいたキャリア設計などは難しいので気をつけましょう。

求人を紹介してほしい人向けの転職相談サービス

リクルートエージェントdodaは、求人数が業界No.1・No.2の転職エージェントです。

両方に登録しておくことで、50代向けの求人をかなり網羅できるため、求人を探している人は両方のサービスに登録しておくのが良いですね。

また、ビズリーチはヘッドハンター・採用企業が登録しているため、非公開求人のオファーが貰えるチャンスを逃さないためにも登録しておく方が損がないでしょう。

ハイクラス求人への転職を相談したい人向けの転職相談サービス

JACリクルートメントは、ハイクラスに特化した転職エージェントですので、高年収のハイクラス求人への転職を目指している50代の方は必ず相談しておきましょう。

また、ビズリーチも合わせて登録しておくことで、非公開求人の特別なオファーを受け取れる可能性がアップします。

両方に登録した上で自分に合った求人を探しつつ、転職エージェントに転職活動のサポートをしてもらうのが良いですね。

50代向け転職相談サービスの選び方

転職相談サービスを利用する際、どれを選ぶかは非常に重要です。

以下では、50代が転職相談サービスを選ぶ際のポイントを詳しく解説します。

2〜3社の無料面談に参加して必ず比較検討する

転職相談サービスを利用する際、1つのサービスだけに絞り込むのではなく、複数のサービスの無料面談に参加することをおすすめします。

これにより、各サービスの特徴やサービス内容を直接体験することができ、自分に合ったサービスを見つけやすくなります。

また、面談を通じて担当者を信頼できるか否か、相性が良いかどうかを評価することも可能です。

しっかりと比較検討せずに選んでしまった場合、サービス利用してから後悔する可能性があります。

特にキャリアコーチングは返金できる期間が決まっており、その期日以降は返金ができないサービスが多いので注意しましょう。

自分が叶えたい目的に合致したサービスを選ぶ

転職相談をする目的は人それぞれ異なります。

転職を具体的に考えている人、キャリアの方向性を模索している人、スキルアップの方法を知りたい人など、様々なニーズが存在します。

そのため、自分が叶えたい目的を明確にし、その目的に合致したサービスを選ぶことが重要です。

例えば、転職を考えている場合は、豊富な求人情報を持つ転職エージェントを選ぶと良いでしょう。

一方、キャリアの方向性を考える場合は、キャリアコーチングやキャリアカウンセリングに特化したサービスがおすすめです。

自分の目的に合わせて、サービスの内容や提供する情報、サポート体制などをしっかりと確認し、最適なサービスを選ぶよう心がけましょう。

担当のキャリアカウンセラー・コーチとの相性を確認する

転職相談サービスを利用する際、担当のカウンセラーやコーチとの相性は非常に重要です。

例えば「担当のコーチが20代で若いしなんとなく信用できない…」と思ってしまうことはどうしてもあります。

相性が良ければ、自分の悩みや考えを素直に伝えることができ、的確なアドバイスを受けることができます。

多くのサービスでは無料の面談やカウンセリングが提供されているので、まずはその機会を利用して担当者とのコミュニケーションをとることをおすすめします。

50代のキャリア支援に強いサービスを選ぶ

キャリア終盤の50代は非常に重要な期間であり、失敗すると軌道修正が難しくなってしまいます。

だからこそ、50代のキャリア支援が豊富なサービスをしっかりと見極め、利用するべきです。

例えば、50代の転職市場の動向や、転職を成功させるポイント、ワークライフバランスの両立など、50代のキャリア形成を包括的にサポートできるサービスを選ぶと、より具体的なアドバイスやサポートを受けることができます。

また、20〜40代のみを対象としているサービスも多く、50代以上の方はお断りされるケースもあるので注意しましょう。

運営会社・サービスの実績や評判をチェックする

キャリア相談サービスを選ぶ際、運営会社やサービスの実績、評判をしっかりとチェックすることも大切です。

長い実績や評判の良いサービスは、多くのクライアントのサポートを経験しており、そのノウハウや経験を活かして的確なアドバイスを提供してくれる可能性が高いです。

また、口コミやレビューサイトを活用して、実際にサービスを利用した人々の意見や評価を参考にすることで、サービスの質や信頼性を確認することができます。

50代の転職相談でよくある失敗事例と注意点

転職相談する相手を慎重に選ばなかったことで、転職に失敗してしまったり、現在の仕事に大きな影響を与えてしまうケースがあります。

50代の転職相談でよくある失敗するケースと注意点について、以下で詳しく解説します。

上司・同僚に相談したことで会社にバレてしまう

50代でキャリアに悩み、上司や同僚に相談するケースは少なくありません。

キャリアの方向性に関する相談であれば問題ありませんが、転職を考えていることを会社に知られてしまうと、自分の立場が不安定になる可能性があります。

特に、昇進やプロジェクトの担当など、将来的なキャリアパスに影響を及ぼす可能性が高いです。

相談する際は、信頼できる人を選び、相談内容が会社に漏れないように注意が必要です。

元同僚に相談して偏ったアドバイスをもらう

元同僚にキャリア相談をする場合、その人が持っている情報や視点は限られています。

特に、元同僚が自分と同じ業界や職種でしか経験がない場合、そのアドバイスは偏ったものになる可能性が高いです。

また、元同僚があなたが働いている会社に対してネガティブな印象を持っている場合、ネガティブなアドバイスが多くなる可能性も考えられます。

ですので、多角的な視点でキャリアを考えるためには、業界や職種が異なる人からも意見を聞くことが重要です。

家族・友人に相談して転職市場を考慮していないアドバイスをもらう

家族や友人にキャリア相談をする場合、その人たちはあなたのことをよく知っている一方で、転職市場や業界の動きについては詳しくない場合が多いです。

そのため、感情に基づいたアドバイスが多くなり、現実的な選択肢を見落とす可能性があります。

感情的なサポートは大切ですが、具体的なキャリアの選択をする際には、専門的な知識を持つ人にも相談することが推奨されます。

50代の転職相談で悩みを解決するためにやるべき3つのこと

転職相談を通じてキャリアの悩みを解決したいのであれば、相談する際に意識しておくべき点があります。

転職相談をより良いものにするために、以下の3点を意識しましょう。

転職相談の目的を明確にしてから相談する

転職相談をする際、まず最初に自分の相談の目的を明確にすることが大切です。

目的が明確であれば、相談内容も具体的になり、相談相手も的確なアドバイスをしやすくなります。

例えば、「転職を考えているが、どの企業にするか迷っている」という具体的な目的であれば、その方向に沿ったアドバイスをもらえるでしょう。

目的を明確にすることで、相談の質も向上します。

複数の人に転職相談をして様々な視点のアドバイスをもらう

1人にだけ相談するのではなく、複数の人にキャリア相談をすることで、様々な視点や意見を得ることができます。

例えば、信頼できる同僚、業界の先輩、キャリアアドバイザーなど、異なる立場や背景の人からのアドバイスは、自分の視野を広げる手助けとなります。

また、同じ悩みに対して異なるアドバイスをもらうことで、自分自身の考えや判断を深めることができるでしょう。

悩んでいることの結論を出す期限を決めて行動する

キャリアに関する悩みは、放っておくと長引くことが多いです。

そのため、悩んでいることの結論を出す期限を決め、その期限までに行動を起こすことが重要です。

期限を設定することで、具体的な行動を促すプレッシャーが生まれ、悩みを解決するための動機付けとなります。

期限を過ぎても結論が出ない場合は、再度期限を設定し、必要ならば専門家や信頼できる人に相談することをおすすめします。

50代でキャリアアップを実現する方法3つ

50代以降もキャリアアップを積極的に狙っていきたいと考えている人も多いのではないでしょうか?

このトピックでは、50代でキャリアアップを実現する方法を3つご紹介します。

人脈を広げる

50代からキャリアアップを実現するための方法として「人脈を広げること」が非常に重要となってきます。

人脈は、ビジネスの世界において強力な武器となり得ます。情報収集やビジネスのチャンスを増やす大きなポイントとなります。

例えば、異業種のセミナーや研修に参加することで、他の業界の人材や企業との繋がりを持つことができます。

様々な人との人脈を作っておくことで、課題をいち早く相談できたり、業務提携につながるケースもあるでしょう。

また、人脈を広げる活動は、自分自身のスキルや能力を見つめ直す良い機会ともなります。

他の人や企業との交流を通じて、自分の現状や目標、そして今後のキャリアアップに必要な準備や行動を明確にすることができます。

セルフブランディングを強化する

セルフブランディングとは、自身の価値やスキルを明確にし、それを効果的に市場や組織に示す戦略のことを指します。

多くの企業では、経験豊富な50代の人材を高く評価しています。

しかし、その経験やスキルをどのように活用できるのか、対外向けにアピールしていくことが大切です。

人脈にも繋がりますが、「自分自身がどんな価値を発揮できる人間なのか」を多くの人に知ってもらうことで、転職のお誘いや仕事の相談が舞い込むようになります。

スキルをアップデートする

技術や業界の変化は速く、今までの経験や知識だけでは対応が難しい場合が増えてきます。

まず、自分の強みやこれまでの経験を明確にすることが大切です。

それをベースに、現在の業界や職種で求められるスキルや知識は何かを具体的にリストアップしましょう。

例えば、最新のマーケティング手法やツールの知識が必要になるかもしれませんし、最新のテクノロジーについて勉強する必要があるかもしれません。

50代が転職を成功させるコツ

50代でのキャリアアップを実現するための具体的な方法をご紹介します。

これまでの経験と知識を活かし、次のステージへ進むための参考にしてください。

自分の強みを明確にする

50代の転職活動で成功するコツは、自分の強みを明確にすることです。

50代には長い経験や実績があり、それは若い世代にはない大きな武器です。

特定の業界や職種での深い知識、スキル、築き上げてきた実績は、多くの企業が求める価値あるものです。

しかし、その強みをどのようにアピールするか、どのように活かすかが重要となります。

面接や書類選考の際、自分の強みやこれまでの経験を具体的に伝えることで、企業はその能力や市場価値を高く評価します。

特に、前職での成功実績や取り組んだプロジェクトの内容を明確に伝えることで、自分の価値を採用担当者に理解してもらいやすくなりますよ。

リファラル採用で転職する

リファラル採用とは、知人経由でヒトを採用する採用方法です。

この方法の最大の特徴は、非公開の求人情報にアクセスできる点です。

多くのハイクラス求人や大手企業の求人は、一般の求人サイトやエージェントには公開されず、リファラル経由でのみ募集が行われることがあります。

また、リファラル採用のもう1つのメリットは、面接が有利に進む可能性が高いことです。

紹介者の信頼が背景にあるため、選考プロセスがスムーズに進むことが多いのです。

ビズリーチなどの特化したサービスを利用することで、自分の経験や希望の条件に合った求人を効率的に見つけることができますよ。

タイトルとURLをコピーしました