当サイトでは、記事内に広告を掲載している場合があります。 誇大な宣伝や表現とならないよう配慮し、価値あるサービスだけを紹介、有益なコンテンツを制作するよう心がけておりますのでご安心ください。

【50代からの転職】すぐ決まる人の特徴と成功するポイントのすべて

40代・50代の転職
50代男性
50代男性

50代からの転職ですぐ決まる人ってどんな人なんだろう…

50代女性
50代女性

50代からの転職ってすぐに決まるのかな…

と悩んでいませんか?

50代からの転職は難易度が高いので苦労する人も多いですが、すぐに決まる人がいるのも事実です。

この記事では、50代からの転職がすぐ決まる人の特徴や、50代からの転職活動を成功させるポイントについて解説します。

50代からの転職がすぐ決まる人の特徴

50代からの転職は、20代〜40代と比較して難易度が高い一方で、転職がすぐに決まる人もいます。

ここでは、50代で転職を成功させている人の特徴を詳しく解説していきます。

特定の分野における経験・スキルが豊富で実績もある

50代の転職活動においては、専門的な領域における豊富な経験・スキルを持ち、即戦力で活躍できる人物が評価される傾向にあります。

50代の転職者を管理職として採用するケースも一部ありますが、プレイヤーとしての活躍を期待して採用することがほとんどです。

経験・スキルが十分にある人の場合、プレイヤーとして活躍できることが想像できるため、高い評価を得られることが多いのです。

また、特定分野における専門性の高い経験・スキルは、同業界の他社から高く評価されることも多いです。

例えば、建設業界で施工管理の経験を長年積んできた50代の場合、同じ業界の企業にとっては非常に魅力的な人物と言えます。

マネジメント経験がある人

50代の転職活動では、マネジメント経験がある人・無い人で評価が大きく異なります。

なぜなら、採用企業は50代の転職者に対して「入社してから周囲の人と馴染むことができるのか」「周りのメンバーに悪影響を与えないか」など、組織にフィットできる人であるかチェックしているからです。

マネジメント経験が十分にある50代の場合、柔軟性のある人柄であり、入社後も周りのメンバーと協調して働くことができそうな人物であると評価してくれる傾向があります。

一方、マネジメント経験がない人の場合、「この人は人間性に何か問題があるのではないか」「周りの人に悪影響を与える人物なのではないか」と懸念をもたれてしまう可能性もあるでしょう。

また、50代でマネジメント経験があるからといって管理職として採用されるとは限りません。

むしろ、50代で転職する人は、現場のプレイヤーとして活躍することを期待されて入社することが多いです。

自分の強みを客観的な視点で把握できている人

50代で転職がすぐ決まっている人は、自分自身の強みを客観的に理解できており、採用企業にもしっかりアピールできているケースが多いです。

自分自身の強みを的確に理解できていないと、高く評価してもらえる企業に応募することも出来ませんし、ミスマッチも起こりやすくなります。

会社に長く勤めてきた50代の人ほど、社内での評価基準に慣れてしまい、転職市場における自分自身の価値を客観的な目線で把握できていない人が多いです。

だからこそ、転職のプロや企業の採用担当者と話す機会を増やし、客観的な視点からアドバイスをもらうことが重要です。

転職支援のプロのサポートを受けている人

50代からの転職は非常に難易度が高いため、転職支援のプロのサポートを受けることで転職が成功する確率が上がります。

自分自身の強みを明確にすることも重要ですし、50代の転職活動では書類選考・面接の通過率が低いケースも多いため、内定を獲得するためのサポートを受けることは非常に大切です。

とはいえ、50代になると転職エージェントにお断りされるケースも多く、サポート内容が手薄くなってしまうことも多いのが実情です。

ですので、50代で転職するならキャリアコーチングを利用するのがおすすめです。

キャリアコーチングとは、専属のトレーナーが1対1で転職活動を伴走、自己分析を通してあなたの強みや価値観を明確にし、最高の転職を実現するサービスです。

専属のトレーナーが、過去の経験・スキルからあなたの強みを言語化し、企業選定から職務経歴書・面接対策の対策まで全て一緒にやってくれます。

ライフシフトラボは、50代の最高の転職を実現するキャリアコーチングであり、50代の転職活動を最大限サポートしてくれるのでおすすめです。

50代におすすめのキャリア相談先

1.ライフシフトラボ【転職コース】
公式サイト:https://lifeshiftlab.jp/

50代の最高の転職を実現。転職が成功するまでトレーナーが個別伴走してくれます。今なら最大70%OFFの割引あり。初回無料の相談会を実施中!

2.ライフシフトラボ【複業コース】
公式サイト:https://lifeshiftlab.jp/

50代向けの複業スクール!複業で月10万円稼げるまでトレーナーが個別伴走してくれます。無料の個別説明会を実施中!

幅広い人脈を持っている人

職種によって様々ですが、業界内での人脈の広さが転職活動において武器になるケースもあります。

例えば営業職の場合、50代までに築いてきた顧客とのつながりを新しい会社で活用できる人は、高く評価される可能性が高いです。

ただし、人脈の重要度は職種によって異なります。営業職など一部の職種では評価されるものの、全ての職種で人脈が評価される訳ではない点はご注意ください。

50代からの転職が長期化する人の特徴

50代からの転職がすぐに成功する人もいる一方、なかなか決まらず長期化してしまうケースも少なくありません。

ここでは、50代の転職が長期化する傾向がある人の共通点について解説します。

人柄に癖があって柔軟性がない人

50代の転職活動では人柄も重要な評価ポイントになるため、人柄に癖があったり、柔軟性がない人は転職活動で苦労するケースが多いです。

50代の人は長年働いた経験があるため、自分自身のやり方・考え方に固執してしまう人も少なくありません。

ですので、採用企業は50代の人が「会社にフィットするのか」「周りに悪影響を与えないか」を慎重にチェックしています。

もしコミュニケーションに癖があったり、面接を通じて柔軟性に欠ける印象を与えてしまった場合、不採用になるケースもあるでしょう。

希望年収へのこだわりが強すぎる人

希望年収へのこだわりが強すぎる50代は、転職活動が長期化するケースが多いです。

家庭の事情もあって年収を下げることが難しい人も少なくありませんが、50代の転職となると年収がダウンするケースもありますし、希望年収を満たさないケースも珍しくありません。

重要なことは、転職の軸を明確にした上で転職活動を進めること、そして年収を含めた希望条件に関しては、可能な範囲で妥協して意思決定することが大切になってきます。

自分の強みを客観的な視点で把握できていない人

50代の転職において、自分の強みを客観的に把握できていない人は転職活動で苦労することが多いです。

長年同じ企業で働いてきた人や新卒入社した会社で働き続けてきた人の中には、自分の経験・スキルを客観的に評価できない人も多くいます。

転職者自身が認識している強みと採用担当者から見た転職者の強みがズレていた場合、強みがあるのにも関わらず採用してもらえないケースも多くなってしまいます。

キャリアコーチング・転職エージェントなど、客観的なアドバイスをもらえる転職のプロのサポートを受けることをおすすめします。

業界・職種における専門的な知識を保有していない人

中途採用の市場において、採用企業は50代に対して即戦力で活躍してくれることを期待しています、

ですので、専門的な領域における豊富な経験・スキルを持っており、現場で活躍してもらえそうな人が高く評価される傾向にあり、逆に経験・スキルに乏しい人は低い評価になってしまう可能性が高いです。

50代から新しい分野の経験・スキルを身につけてキャリアアップする選択肢も考えられますが、ポテンシャル採用であれば20代の人が採用される可能性が高く、現実的には厳しいと言えます。

そこで、経験・スキルに自信がない50代の転職先としておすすめなのが、人手不足の業界の業界です。

例えば、介護や飲食、リゾートホテルは人材不足が深刻ですし、未経験者でもチャンスがあるでしょう。

また、製造業の現場や物流倉庫なども、人手を必要としている業界だと言えます。

一人だけで転職活動をやっている人

50代の転職活動は難しく、自分に合った企業を見つけて内定を獲得することは難易度が高いです。

ですので、転職のプロに相談せず、自分だけで転職活動をやっている人は失敗しているケースが多いです。

キャリアコーチングや転職エージェントを利用することで、内定獲得に向けたサポートを徹底的にやってくれますし、転職活動全体のアドバイスをもらうこともできます。

また、自分だけで転職活動をやっている人の中には、自分の強みを客観的な視点から把握できていない人も多くいるので、注意してください。

50代からの転職を出来るだけ早く成功させるポイント

50代の転職を出来るだけ早く成功させるポイントについて詳しく解説します。

50代の転職は即戦力採用であることを理解する

これまで説明した通り、中途採用において50代の人は即戦力で活躍することが期待されていることを理解しておく必要があります。

だからこそ、50代は専門的なスキル・経験が求められますし、スキル・経験に自信がない人は人手不足な業界を狙っていくのが現実的な方向性になります。

自分が即戦力で活躍できる人材であることをアピールするために、面接・職務経歴書を通じて過去の経験や強みをしっかりと伝えることを意識しましょう。

自己分析を通じて自分の強みを明確にする

50代の方は転職活動を始める前に自己分析に取り組むことが重要であり、自分の強みを明確にしておくべきです。

「すごくやる気がある」「マインドが高い」といった抽象的な強みではなく、具体的にどんな経験・スキルを持っているのかを説明できるようになっておく必要があります。

まずは自己分析を1人でやってみるのも良いですし、キャリアコーチングのような転職のプロのサポートを受けるのでも良いでしょう。

特に同じ企業で長年働いてきた人、新卒入社した会社で働き続けてきた人は、自分自身の強みを客観的に評価できていない可能性が高いので、第三者に相談するのがおすすめです。

50代におすすめのキャリア相談先

1.ライフシフトラボ【転職コース】
公式サイト:https://lifeshiftlab.jp/

50代の最高の転職を実現。転職が成功するまでトレーナーが個別伴走してくれます。今なら最大70%OFFの割引あり。初回無料の相談会を実施中!

2.ライフシフトラボ【複業コース】
公式サイト:https://lifeshiftlab.jp/

50代向けの複業スクール!複業で月10万円稼げるまでトレーナーが個別伴走してくれます。無料の個別説明会を実施中!

カジュアル面談を通じて自分に合う企業か見極める

50代の転職活動は難易度が高いため内定を獲得することも大切ですが、自分に合った企業を見極めることはそれ以上に大切なポイントです。

特に、企業の文化・価値観が自分に合っているかどうかは事前にしっかりとチェックしておく必要があるでしょう。

企業との相性を確かめる手段としてカジュアル面談を活用し、企業の雰囲気・人柄など気になるポイントを確認しておくことをおすすめします。

また、転職してから「入社前に想像していたのと違った」という状況にならないためにも、入社後の具体的な仕事内容・キャリアパスについても確認しておくのが良いですね。

転職エージェントを利用するなら両面の転職エージェントを利用する

50代の転職では、転職エージェントを活用することも有効な手段の一つです。

転職エージェントを利用する場合、両面の転職エージェントを利用することをおすすめします。

両面の転職エージェントとは、営業担当が採用企業・転職者の両方を担当する支援体制のエージェントのことです。

企業側と転職者側の両方の事情を理解している人からアドバイスをもらうことができますし、応募する企業の特徴を詳細に把握しているので、入社後のミスマッチの確率を減らすことができます。

ただし、転職エージェントに丸投げするのは良くありませんし、最終的な意思決定は自分自身で行うべきであることを忘れないようにしてください。

50代からの転職で利用するべき転職サービス

50代向けの転職サービスは、以下の3つに大きく分けることができます。

転職相談サービスの全体像を表にまとめました。

費用期間求人紹介特徴
キャリアコーチング有料1〜10回・自己分析から転職活動までトータル支援
・100%個人を向いたサポートが可能
転職エージェント無料1〜3回・求人紹介を前提に転職相談が可能
・経験や年齢によってお断りされる可能性あり
ハローワーク無料1回・職歴に不安がある人におすすめ
・全国に540カ所以上の事務所あり

それぞれの特徴を理解した上で、自分に合った転職サービスを利用するようにしましょう。

それぞれについて解説していきます。

1. キャリアコーチング|自己分析から転職活動までサポート

キャリアコーチングは、キャリアのノウハウを活用した有料のコーチングサービスです。

個人のお客様から料金をいただくため、利害関係なくフラットな目線でアドバイスをもらうことができます。

コーチングは「コーチがお客様の内面を深掘りする質問を投げかけ、自分を見つめ直す事で自分の価値観・やりたい事を発見する」というものです。

学習塾のような一方的に知識を教える形式ではないので、徹底的に自分と向き合うことができ、自分の軸を作る事ができます。

キャリアコーチングは、基本的に5回〜10回のセッションを実施するサービスが多いです。

50代になると、家庭の事情など仕事以外の要素も加味してキャリアプランを設計し、転職先を見つける必要がありますよね。

また、50代の転職活動は若い人に比べてシビアですので、転職のプロから徹底的にサポートしてもらうことが重要です。

50代に強いキャリアコーチングは少ないですが、ライフシフトラボは50代の支援に強いためおすすめです。

ご紹介するキャリアコーチングは初回の無料面談がありますので、気軽に相談してみましょう。

ライフシフトラボ|最高の転職を実現したい50代向け。料金最大70%OFF

ライフシフトラボ(転職コース)は、50代の最高の転職を実現するキャリアコーチングサービスです。

経済産業省の補助金制度を利用できますので、最大70%OFFと非常に安い料金で利用することが可能です。

ライフシフトラボを利用すると、専属トレーナーがあなたの本当の市場価値を見出し、転職が成功するまで個別伴走してくれるのでオススメです。

また、トレーナーは全員40代〜50代の同世代の人ですので、同世代だからこそ共感してもらえる悩みを相談できるのもメリットですね。

難易度の高い転職を成功させた方も多く、50代の転職に強い数少ないキャリアコーチングですので、無料の個別相談会に参加してみることをオススメします。

コース別内容転職コース
料金月額9,800円〜
回数全8回
チャット相談
オンデマンド講座
全額返金制度

ライフシフトラボ(転職コース)公式サイト:
https://lifeshiftlab.jp/tenshoku

きづく。転職相談|20代〜50代まで幅広く利用可能

『きづく。転職相談』は、「1ヶ月で本当の目指したい未来が見つかる」というコンセプトのキャリアコーチングサービスです。

『きづく。転職相談』というサービス名にある通り、自分の強みや価値観を見つけ出し、仕事の魅力にも気づく事で一人ひとりに最適なキャリアを設計するプログラム内容になっています。

トレーニング修了から2ヶ月以内であれば、30分の面談機会を無料で提供してもらう事ができるので、転職後の悩みを相談する事が可能です。

また、24歳から50歳と幅広い年齢の人が利用しているため、誰もが気軽に利用することができます。

40代・50代でキャリアコーチングの利用を検討している方は、ライフシフトラボも一緒に比較検討しておくことをおすすめします。

コース別内容1ヶ月プラン転職相談プラン
強み相談プラン
料金187,000円(税込)
396,000円(税込)209,000円(税込)
分割料金9,038円〜19,153円〜 10,109円〜
回数4回10回5回
書類添削×
面接対策×
LINEサポート35日120日80日

きづく。転職相談公式サイト:
https://kidzukutensyoku.com/

2. 転職エージェント

転職エージェントは、転職することを前提に求人紹介や面接対策など様々なサポートを受けられるサービスです。

転職エージェントは数多くの求人を保有しており、実際の転職市場の動向などを踏まえたアドバイスをもらうことが可能です。

また、採用企業から採用したい人物ニーズを細かくヒヤリングしているため、内定を獲得するための書類対策・面接対策に強いと言えます。

一方、転職エージェントは成果報酬で企業から採用費をもらうモデルですので、転職する前提でないと相談に乗ってもらえないというデメリットがあるので注意しましょう。

一定の職歴がある人は初回面談でフラットに相談に乗ってくれるケースが多いですが、職歴がない人はお断りされてしまう可能性があります。

50代になると、他の年代に比べて求人数がグッと少なくなってしまうのが現実です。

ですので、自分の希望条件に合う求人に出会う確率を高める意味でも、転職エージェントに複数登録しておくことは非常に大切です。

3. ハローワーク

ハローワークは国が運営している職業紹介所であり、求人紹介や転職相談を無料で提供している機関です。

転職エージェントにお断りされてしまった人や、職歴に不安がある人でも相談可能ですし、無料で利用できるという点で価値があります。

また、求人の数は非常に多いため、自分が働きたい地域の求人は見つけやすいメリットもあります。

しかし、ハローワークは無料で求人掲載できるのでブラック企業を紹介される可能性があり、営利企業ではないため転職アドバイスの質が高くないケースもあるので注意が必要です。

全国各地にありますので、興味がある人は以下からお近くの拠点をお探しください。
全国ハローワークの所在案内|厚生労働省

タイトルとURLをコピーしました