当サイトでは、記事内に広告を掲載している場合があります。 誇大な宣伝や表現とならないよう配慮し、価値あるサービスだけを紹介、有益なコンテンツを制作するよう心がけておりますのでご安心ください。

40代で会社辞めたい・仕事辞めたい人の解決策|仕事に疲れた人向け

40代・50代の転職
40代男性
40代男性

40代で会社を辞めたいな、どうしよう…

40代女性
40代女性

40代で仕事を辞めたいけど、良いのかな…

と悩んでいませんか?

長年働いてきた40代の人が仕事に疲れを感じ、「会社を辞めたい」「仕事を辞めたい」と思う人は非常に多いです。

状況によっては会社を辞めるべき人がいる一方、計画性がないまま仕事を辞めてしまうとその後のキャリア・生活が不安定になるリスクがあります。

この記事では、会社を辞めたい・仕事を辞めたい40代の原因と解決策をお伝えし、会社を辞めたい40代が実践するべきアクションも具体的に紹介していきます。

40代で「会社辞めたい」「仕事に疲れた」と感じる主な理由

【職場の不満ランキング】男女500人アンケート調査によると、職場に対して様々な点において不満を抱えていることが分かっています。

こちらは10代〜50代を対象にアンケート結果ではありますが、多くの人は人間関係や待遇面、労働環境について不満を持っている人が多いです。

引用)【職場の不満ランキング】男女500人アンケート調査

また、転職理由ランキング【最新版】 みんなの本音を調査!によると、40代の転職理由においても給与・人間関係など、先ほどの仕事の不満と共通する項目がいくつかあることが分かります。

引用)転職理由ランキング【最新版】 みんなの本音を調査!

実際には、1つの理由で「仕事に疲れた」「会社を辞めたい」と感じている人は少なく、複数の要素が複雑に絡み合っていることが多いです。

今回は、その中でも多くの人に共通する部分をご紹介していきます。

理由1.社内の雰囲気が悪い

多くの人が「社内の雰囲気の悪さ」を不満に感じています。

特に上司や同僚との人間関係のトラブルはストレスの大きな原因となり、マネジメントにおける上司や部下との関係性に苦労したり、社内政治的な動きによって不公平感を感じることも多いです。

また、特定の人物の振る舞いによって周りの人がストレスを感じているケースもあるでしょう。

長年勤めてきた会社であったとしても、社内の雰囲気の悪さ・人間関係の問題は社員のモチベーションを削ぎ落としてしまいます。

さらに、仕事内容や給与に満足していたとしても、職場の雰囲気が原因で40代の人が退職を考えるケースは少なくありません。

理由2.労働環境が過酷で肉体的・精神的に辛い

40代にとって、過酷な労働環境は重大な問題です。

20代・30代の頃と比べて体力が低下している人が多い中、長時間の労働を繰り返すことによって肉体的に疲労してしまうことはもちろん、結果として精神的なストレスを引き起こすことがあります。

また、40代になると役職がついている人も多く、立場的にも仕事のプレッシャーを感じやすいため、そういった側面から精神的なストレスを受けている人も多いでしょう。

加えて、家族の大黒柱としての責任感や子育てなど、職場外のプレッシャーも重なってメンタルの不調につながるケースも多いです。

理由3.給与が低く昇給が見込めない

40代は、子供の教育費・住宅ローン・老後の蓄えなど、お金を稼ぐことが重要な時期です。

40代はこれまでの経験・実績があるため高い給与を期待したい年齢ですが、給与が低く昇給の見込みがないことは大きなストレスとなります。

同世代の人と比べて自分の給料が低い場合、劣等感を感じることもあるでしょう。

また、給料が上がらない状況で長時間の労働をしたり、精神的なストレスがかかる職場で働いていると「仕事に疲れた」と感じやすく、会社を辞めるきっかけになることも多いです。

あなたの給与が自分のスキル・経験に見合っていない場合、転職によって年収アップを実現できる可能性が高いです。

理由4.評価制度が不満

給料が上がらない最大の原因として、評価制度に対して不満を感じている人も多いです。

最も多いパターンとして、会社全体として評価基準が不透明であり、個人の実績よりも上司との関係性が評価に大きく影響し、各社員が不公平感を感じていることがあります。

また、自分自身の努力が昇給につながっていないことにも不満を感じ、「会社を辞めたい」「仕事を辞めたい」という感情につながるケースもしばしばあります。

給料を上げるためには、昇給するために必要な要件について確認したり、自分の市場価値を確認し、転職することで年収アップを実現できるか確認するのも良いですね。

40代の「会社辞めたい」「仕事に疲れた」を解決する方法

「会社辞めたい」「仕事に疲れた」と感じたときに大切なのは、感情的に意思決定しないことです。

今の会社でやるべきアクションをいくつか紹介しますので、参考にしてください。

過度なストレスを感じている場合は数日の有給を取る

過度なストレスがかかってしまい、身体的・精神的な疲労が酷い場合は有給を取って休むことをオススメします。

我慢して働き続けた場合、体を壊してしまって長期的にお休みする必要がある状態になる可能性もあるため、早めに休んでリフレッシュしましょう。

また、休む時間を確保することで、自分自身の考えを整理する時間を持つことができます。

時間を取って冷静に考えてみた結果、転職した方が良さそうと判断した場合は転職活動をしてみることをおすすめします。

どちらにせよ過度なストレスがかかっていると感じた際は、早めにお休みを取るようにしてください。

人間関係で悩んでいる場合は役割の調整・配置転換をお願いする

現在の仕事に対する不満や人間関係が原因で退職を考えている場合、配置転換や社内異動を検討してみましょう。

自分自身の役割が変わったり部署が変わることで悩みが解消されたり、新たな経験や成長につながることもあります。

社内異動は、転職して別の会社で働くよりもストレスがかかりにくく、人間関係においても馴染みやすいので、転職よりも先に検討するべきです。

また、社内異動をお願いする際は、自分の希望やキャリアプランをしっかりと伝え、新しい環境でも積極的に働く前向きな姿勢を見せることが大切です。

キャリアカウンセリングを受ける

40代で仕事のストレスが過度にかかっている場合、キャリアカウンセリングを受けることをおすすめします。

キャリアのプロと話した上で悩みが解消できる可能性もありますし、転職が必要な場合も質の高いサポートを受けることが可能です。

また、40代が転職する難易度は非常に高く、一人で転職活動をやって失敗する人が多いので注意してください。

転職コンサル
転職コンサル

ひとりで転職活動することに不安がある人は、キャリアコーチングの無料相談を使うのがおすすめです!

40代におすすめのキャリアコーチングはライフシフトラボです。

サービスの質が高く、補助金制度の利用で料金が最大70%OFFで利用することが可能です。

ライフシフトラボ(転職コース)は、40代の最高の転職を実現するキャリアコーチングです。

経済産業省の補助金制度を利用できますので、最大70%OFFと非常に安い料金で利用することが可能です。

ライフシフトラボを利用すると、専属トレーナーがあなたの本当の市場価値を見出し、転職が成功するまで個別伴走してくれるのでオススメです。

また、トレーナーは全員40代〜50代の同世代の人ですので、同世代だからこそ共感してもらえる悩みを相談できるのもメリットですね。

難易度の高い転職を成功させた方も多く、40代の転職活動に強い数少ないキャリアコーチングですので、無料の個別相談会に参加してみることをオススメします。

コース別内容転職コース
料金月額9,800円〜
回数全8回
チャット相談
オンデマンド講座
全額返金制度

ライフシフトラボ(転職コース)公式サイト:
https://lifeshiftlab.jp/tenshoku

給与に不満な人は市場価値を確認してみる

自分自身の給与に不満がある人は、実際に転職活動をやってみて、現在よりも高い年収でオファーを貰えるか確かめてみる方法もあります。

その結果、現在よりも良い条件のオファーを貰えた場合は転職しても良いでしょう。

また、転職活動をするのは気が引ける場合は、ビズリーチにレジュメ登録して、良いオファーが来るかどうか確認する方法もおすすめです。

どうしても限界なら休職・退職して転職活動をする

有給を取るなど、上記の対処法を試した上で転職することを意思決定する人もいるでしょう。

現在の仕事を続けながらの転職活動は、ストレスや負担が大きくなることが考えられます。

そこで、休職を利用して転職活動を行う方法も選択肢の1つとして考えておきましょう。

休職中は、自分のペースで転職活動を進めることができ、より集中的に新しい職場を探すことが可能です。

次の仕事を決めずに退職するした場合は空白期間が生まれますので、休職という形で時間を確保するのも手段の1つです。

40代は転職先を決めてから会社を辞めるべき理由

結論からお伝えすると、40代で次の勤務先を決めずに仕事を辞めることはおすすめできません。

その理由は大きく4つありますので、それぞれ解説していきます。

理由1.転職先が決まるまで平均4.1ヶ月かかる

就業者の転職や価値観等に関する実態調査2022」によると、転職活動を開始してから次の会社に入社するまでの期間について、「前の勤務先を退職した後に現在の勤務先が決まった」と回答した40代の平均は4.1ヶ月となっています。

引用)就業者の転職や価値観等に関する実態調査2022

転職先が決まるまでの期間は年齢と比例して長くなる傾向があり、40代は転職活動が長期化するケースがあります。

経験・スキルが豊富な方は転職先がすぐに決まると思いますが、スキルに不安がある方は転職活動が難航する可能性があるでしょう。

また、給料の手取りを月50万円とした場合、本来受け取れるはずの給料である200万円を受け取れなくなってしまう訳です。

ですので、もし次の会社を決めずに仕事を辞める場合は、金銭的に余裕がある状態を作っておくのが良いですよね。

理由2.貯金を切り崩して生活する必要があるため

40代の人の中には家庭を持っており、生活費や子供の教育費を考える必要がある人もいるでしょう。

先ほどご説明した通り、転職活動を始める前に次の仕事が決まっていない場合、収入が途絶える期間が4ヶ月程度発生する可能性があります。

その結果、貯金を切り崩して生活することが必要になるかもしれません。

貯金を使ってしまうと、将来の大きな出費や急な支出に備えることが難しくなるため、転職先を決めてから今の仕事を辞めるのがおすすめです。

もしくは、仕事を辞めることに備えて貯金しておきましょう。

理由3.転職活動中に焦って意思決定するリスクがあるため

どのような状況で転職活動をするにしても、転職活動そのものが精神的・肉体的にストレスがかかるものです。

特に次の仕事が決まっていない状態で転職活動をする場合、より一層のストレスがかかりますし、金銭的な理由からも焦りが生まれることが多いです。

このような状態での意思決定は冷静さを欠くことが多く、後悔する選択をしてしまうリスクが高まります。

焦ってしまった結果として、妥協して会社選びをしてしまったり、最初に内定を貰えた会社で意思決定しまうこともあります。

ですので、転職先を安易に意思決定するのではなく、自己分析を徹底的にやった上で比較検討して決めることをおすすめします。

理由4.職務経歴書に空白期間が生まれるため

職務経歴書は転職活動において非常に重要な要素ですが、空白期間があると採用担当者からの評価が下がる可能性があります。

中途採用の面接の中で「空白期間が生まれていますが、何をしていたんですか?」と質問される可能性が高いため、納得してもらうための適切な回答を準備しておくと良いですね。

適切な回答ができず納得してもらえない場合、それが原因で不採用となるケースもあるため注意が必要です。

上記の4つの理由から、転職先を決めてから今の仕事を辞めることをおすすめします。

40代の転職は難易度が高く、一人で転職活動をやって上手くいかない人が多いです。

最高の転職を実現するためにも、キャリアのプロに相談するのがおすすめです。

40代におすすめのキャリア相談先

1.ライフシフトラボ【転職コース】
公式サイト:https://lifeshiftlab.jp/

40代の最高の転職を実現!転職が成功するまでトレーナーが個別伴走してくれます。今なら最大70%OFFの割引あり。初回無料の相談会を実施中!

2.ライフシフトラボ【複業コース】
公式サイト:https://lifeshiftlab.jp/

40代向けの複業スクール!複業で月10万円稼げるまでトレーナーが個別伴走してくれます。無料の個別説明会を実施中!

40代で会社を辞める・仕事を辞めてもOKな人の特徴

40代は子育てなど生活費など家庭にかかる費用の確保が重要な時期です。

とはいえ、全ての40代の人が次の仕事を決めてから転職すべきとは限りません。

以下では、次の仕事を決めずに転職することが許容される特定のケースについて詳しく説明します。

心身が疲弊して精神的に追い込まれている方

仕事のストレスやプレッシャーが心身に大きな負担を与え、精神的に追い込まれている場合、健康を最優先に考えるべきです。

心身の健康が損なわれている状態では、効率的に仕事をこなすことは難しく、より重大な健康問題を引き起こす可能性があります。

このような状態で転職活動をすることで更にストレスが増加し、体調不良につながるリスクもあるでしょう。

そのため、まずは仕事を辞めて心身の回復に専念することが重要です。

健康を回復させ、精神的に安定した状態になってようやく次のキャリアを考えることが可能になります。

忙しすぎて働きながら転職活動するのが難しい方

多忙な仕事環境においては、仕事に追われ、転職活動に必要な時間やエネルギーを確保することが難しいことがあります。

転職活動は、求人の検索・履歴書の作成・面接対策・企業選びなど、やることが多く時間もかかります。

ですので、仕事が忙しすぎるとこれらの活動をする余裕がなく、結果として適切な転職先を見つけることができないこともあります。

このような状況の方は、仕事を辞めてから転職活動に専念する方が、納得感のある転職活動にできる可能性が高くなるでしょう。

40代の転職活動を成功させるポイント

40代の転職活動を成功させるポイントをいくつかご紹介します。

転職活動をやっていく人は、ぜひ実践してみてくださいね。

キャリアコーチングを利用する

40代の転職の難易度は非常に高いため、1人で転職活動をするのはリスクがあります。

ですので、最高の転職を実現したい40代の人はキャリアコーチングを利用することをおすすめします。

キャリアコーチングとは、専属のトレーナーが1対1で転職活動を伴走、自己分析を通してあなたの強みや価値観を明確にし、最高の転職を実現するサービスです。

専属のトレーナーが、過去の経験・スキルからあなたの強みを言語化し、企業選定から職務経歴書・面接対策の対策まで全て一緒にやってくれます。

費用はかかりますが、補助金制度を使えば料金が最大70%OFFで使えるキャリアコーチングがあります。

ライフシフトラボは40代の最高の転職を実現するキャリアコーチングであり、料金が最大70%OFFとおトクに使うことができるので非常におすすめです。

ライフシフトラボ(転職コース)は、40代の最高の転職を実現するキャリアコーチングです。

経済産業省の補助金制度を利用できますので、最大70%OFFと非常に安い料金で利用することが可能です。

ライフシフトラボを利用すると、専属トレーナーがあなたの本当の市場価値を見出し、転職が成功するまで個別伴走してくれるのでオススメです。

また、トレーナーは全員40代〜50代の同世代の人ですので、同世代だからこそ共感してもらえる悩みを相談できるのもメリットですね。

難易度の高い転職を成功させた方も多く、40代の転職活動に強い数少ないキャリアコーチングですので、無料の個別相談会に参加してみることをオススメします。

コース別内容転職コース
料金月額9,800円〜
回数全8回
チャット相談
オンデマンド講座
全額返金制度

ライフシフトラボ(転職コース)公式サイト:
https://lifeshiftlab.jp/tenshoku

少しでも早く転職活動を開始する

積極的に40代の採用したい企業は少なく、50代にかけて年齢を重ねるほど難易度は高くなっていきます。

1歳でも歳を重ねると転職の難易度が高くなりますので、今すぐ転職活動を開始することが最大のポイントと言えます。

また、転職で年収アップを実現する難易度も年々高くなりますので、40代の人は出来るだけ早く行動しましょう。

自己分析を通じて自分の強みを明確にしておく

40代の転職活動では、多くの企業の書類選考で落ちてしまうことがよくありますが、それは強みを明確にアピールできていないことが最大の原因です。

書類選考の前に職務経歴書を作り込むことが重要になりますが、それ以前に自己分析に徹底的に取り組み、自分自身の強みを言語化することに時間を使いましょう。

自分ひとりで自己分析をやることに不安がある人は、ライフシフトラボのような40代の転職に強いサービスを利用するのがオススメです。

数多くの企業の書類選考・面接で落ちることを覚悟しておく

40代の転職活動においては、100社に応募して3社が書類選考を通過、結果的に書類選考の通過率が3%となるケースも少なくありません。

もちろん、過去の経験・スキルが豊富な人は選考に合格することが多いと思いますが、経験・スキルが少ない人や、転職回数が少ない人にとっては厳しい戦いになるでしょう。

ですので、最初から一定程度は選考に落ちてしまうことを覚悟し、選考に落ちた際も前向きに取り組めるような心の準備をしておくことをオススメします。

職務経歴書を作り込んでから書類選考に応募する

先ほども紹介した通り、40代の転職活動では書類選考の通過率が3%となるケースも少なくありません。

ですので、書類選考に進む前に職務経歴書を作り込んでおくことが重要になってきます。

適当に作った職務経歴書で選考に落ちてしまった場合、直近1年は応募不可の企業も多いので、注意が必要です。

書類選考に通過できる職務経歴書を自分で作れるか不安な方は、ライフシフトラボのような40代の転職に強いサービスを利用するのがオススメです。

転職先では謙虚な気持ちで取り組む

転職活動は内定を貰ったらゴールではなく、入社後に活躍することも重要なポイントです。

その上で、さまざまな年齢の人がいる組織で働く能力は、40代で転職する上で非常に大切になってきます。

これまでに培った経験やスキルがあり、プライドを持っている40代の方も多いですが、新しい環境に飛び込んだら心機一転で謙虚な気持ちで働いた方が、周りの人と良好な関係を築くことができます。

また、20代・30代の人が年上の人に話しかけるのは遠慮しがちですので、主体的に会話をして周囲の人と円滑なコミュニケーションを取れる人は、採用する決め手の1つになる可能性があります。

豊富な経験を活かしながらも、年下のメンバーの新鮮な視点やアイデアを尊重する柔軟性を持つことも重要ですので、日々チームマネジメントをする際に意識することをおすすめします。

40代で会社を辞めるときに注意すべきポイント

40代で会社を辞めるときに注意すべきポイントをいくつかご紹介します。

転職活動で内定を獲得することはもちろん、退職するまでのプロセスで重要なことをお伝えします。

転職活動の面接で会社の愚痴は言わない

転職活動をする場合、今の会社に少なからず不満があるから転職する訳ですが、面接で今の会社の愚痴や否定的な意見を述べることは避けましょう。

あなたの転職する原因が会社にあったとしても、それを面接で強調することで他責である印象を持たられしまい、評価を下げることにつながります。

会社で起きていたことを事実として話すことは問題ありませんが、自責のスタンスで話すことを心がけることで、面接官の印象が悪くなることを防ぐことができます。

会社を辞めるときは円満に退職できるように努める

会社を辞めるときは、可能な限り円満な退職を目指すことが重要です。

40代の転職に限らず、業界におけるネットワークは意外と狭いため、悪い評判はあっという間に広まってしまう可能性があります。

ですので、退職を決めたら直属の上司に誠意を持ってお伝えし、その後に他のメンバーに伝える流れが良いでしょう。

また、引き継ぎにおいても後任のメンバーがすぐに活躍できるよう、可能な限り言語化・明文化して共有することをおすすめします。

円満に退職することで会社と良好な関係を保つことができ、退職後も必要に応じてコミュニケーションをとることが可能になります。

タイトルとURLをコピーしました